新着雑誌です(2017.12.14)

今週の新着雑誌です。

新着雑誌のうち、最新のものは貸出できません。

労務事情 No1352 2017.12.1 (201310018)

賃金事情 2752号 2017.12.5 (201310109)

企業と人材 No1058 2017.12.5 (201310075)

労働判例 No1165 2017.12.1 (201310042)

労働経済判例速報 2326号 2017.1130 (201310133)

人事実務 No1179 2017.12.1 (201099066)

労働法学研究会報 No2658 2017.12.1 (201310000)

労働法律旬報 1901号 2017.12.10 (201310166)

賃金と社会保障 1694号 2017.11.25 (201310190)

旬刊福利厚生 No2235 2017.11.14 (201309978)

月刊人事労務 345号 2017.10.25 (201310224)

 

詳細な目次はこちら

続きを読む

「子どもの貧困」を問い直す 家族・ジェンダーの視点から

(松本伊智朗編/法律文化社/2017年10月/A5判272頁) 

f:id:l-library:20171209200729p:plain

 本書は、「子どもの貧困」を家族・ジェンダーの視点からの議論を試みた研究会の成果であり、3部構成12論考からなっている。

編者の松本伊智朗が序論において、研究会の共通認識を概括した上で、各論考についての論点と特徴を明快に規定していて、本書が個人論文集ではなく、明確な問題意識の下になされた集団作業の成果であり、継承発展させる視点を共有しやすくし、読者にとってもアクセスしやすい書となっている。

 「子どもの貧困」を生み出す構造として―1)親や大人の生存権と幸福追求権の侵害の側面、2)子ども権利の侵害の側面、3)子どもの養育・教育の家族依存の側面―の三つの側面がそれぞれ進行すると同時に、相互規定的に強化されているが、本書は主にこの第3の側面に焦点を当てている。家族という仕組みを相対化し、そこに女性が負ってきた社会的不利がどのように埋め込まれてきたのかを明らかにして、貧困を問い直していく作業が必要であり、本書はその試みの形を示したい―と編者は述べている。

 さらに、「子どもの貧困」に対する社会的関心が高まり、子どもの貧困対策法・大綱の設定にみられるように、政策的課題として意識されるようになったことは、この十年を考えると、一定の前進であると評価できるが、現在の議論と政策動向には危惧がある―として、子どもの貧困対策法に所得保障の観点が薄く、学習支援が強調されることは、子どもの貧困を社会問題としての貧困から分断し、対策を矮小化するという指摘は、本書の問題提起を共有化する重要性を認識させられる。 

 本書の構成と執筆者は以下の通りである。

  • 第1部 子どもの貧困と政策‥‥ 湯沢直美、藤原千沙、阿部彩、フラン・ベネット
  • 第2部 生活の今日的特徴と貧困の把握‥‥ 蓑輪明子、丸山里美、鳥山まどか
  • 第3部 ジェンダー化された貧困のかたち‥‥ 吉中季子、大澤真平、杉田真衣、藤原理佐、田中智子

 字数の関係で各論の紹介はできないが、印象的だった部分の一端を少し挙げてみたい。

 藤原千沙は(2章「新自由主義への抵抗軸としての反貧困とフェミニズム」)、「貧困を生み出さす元凶」としての「新自由主義という統治」に対する抵抗軸として、「依存を包摂する社会」を対置する。依存を認識しないで構築された近代市民社社会は、効率性や合理性の追求に価値を置き、女性は分断されるが、フェミニズムは、この構造に異議を申し立て、ケアを受けること、ケアを与えることの双方が、決して奪われることのない財として、社会で取り扱われるべきことを求めてきた。女性の貧困に声をあげ、その克服をめざすジェンダー平等は、子どもの貧困を克服するうえで共通の目標となる― と述べている。

 ケアの権利については、湯沢直美も(2章「子どもの貧困対策の行方と家族主義の克服」)―「子どもの貧困」問題は、経済的困窮という所得の問題ばかりでなく、人間の生存に不可欠なケアを社会全体でいかに確保するのか、という根源的な問いを孕んでいる― と述べている。

 蓑輪明子は(5章「新自由主義下における日本型生活構造と家族依存の変容」)、労働市場の変容と労働力の商品化の進行という観点から今日の生活構造の特徴について整理し、脱商品化に向けた論点を提示している。労働力商品化それ自体にルールを確立する必要性(特に労働時間と賃金水準)を説き、女性や子どもの労働力商品化が劣悪な労働市場の基盤となるという歪んだ連関を断ち切ることができると述べている。

 杉田真衣は(10章「若年女性の貧困と性的サービス労働」)、女性の貧困に関する論争的な論点の一つである性的サービス労働に対して、「あってはならない」という認識の弊害を具体的に挙げ、興味本位の関心や憐みやスティグマが伴う視線に対して、「そこにあるもの」という事実から出発し、「当事者が自分の境遇について話すことができる環境を作っていくこと」の重要性を指摘する。これは貧困の解決をめざす取り組み全体で共有すべき指摘である。

 各論考とも、具体的な検証と示唆深い視点に学びが多い書である。(伍賀偕子(ごか・ともこ):元「関西女の労働研究会」代表)

      

『女工哀史』と猪名川 ― いよいよ刊行間近

当ブログで4回にわたって連載した「『女工哀史』と猪名川 ― 名著は兵庫県で書かれた」を執筆された小田康徳氏の最新刊が、いよいよ刊行間近となりました。

 今回は、そのことを報じた、朝日ファミリー・デジタルの記事をご紹介しましょう。大田季子さんが書いた記事では、『歴史と猪名川川西市域から見た・川と人との物語―』(仮題)というタイトルで年明けにも神戸新聞総合出版センターから出版されるとのこと。

www.asahi-family.com

 大田さんの記事では、猪名川女工哀史の関係が多くの写真とともにわかりやすく謎解きされています。ぜひお読みください。

新着雑誌です(2017.11.30)

今週の新着雑誌です。

新着雑誌のうち、最新号は貸出できません。

労政時報 3941号 2017.11.24 (201309887)

労働経済判例速報 2324号 2017.11.10 (201309853)

労働経済判例速報 2325号 2017.11.20 (201309820)

賃金と社会保障 1693号 2017.11.10 (201309911)

労働法律旬報 No1900 2017.11.25 (201309945)

労働判例 No1164 2017.11.15 (201309994)

労働情報 No957 2017.5.1 (201309812)

労働情報 No958 2017.6.1 (201309846)

労働情報 No959 2017.7.1 (201309879)

労働情報 No960 2017.8.1 (201309903)

労働情報 No961 2017.9.1 (201309937)

 

詳細な目次はこちら

続きを読む

研修の秋

 秋は各種団体の総会・研修会や学会が開催される季節です。エル・ライブラリーは極めて予算の少ない図書館なので、公費出張というのはほぼないのですが、年に最低1回は常勤スタッフ全員(約2名)が自腹を切らなくて済むようにしております(目標が低い(;^_^A)。

 して、今月は、館長谷合もあちこちと出かけてまいりました。

 まずは11月8日(水)、横浜で開催された図書館総合展へ。3日にわたって開催される図書館界最大のイベントですが、今年は2日目だけ参加してきました。この総合展では多くのフォーラム(講演会)と、企業ブース、各種団体ブースが出て、最新情報を交換し合い、また商談の場となります。

 自動代替テキストはありません。

 

 まずは午前中、わたしは「図書館キャラクター・グランプリ」の司会をおおせつかり、一杯飲みながらやってもいいという主催者のご厚情により、特別に差し入れしてもらった日本酒をおちょこ三杯だけ飲みながら見事に任務を終えました(上の写真は図書館総合展公式Facebookより)。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる、テーブル、室内

 ↑の写真は、さすらいの学校図書館員山本みづほさん(左)と一緒にボケとツッコミをかましながら司会する谷合(右)。二人ともかわいく猫耳を着けています(写真撮影・宮澤優子さん)。

 ちなみに、図書館のゆるキャラはたくさんあり、今回のプレゼンが行われ、そのプレゼンも相当に手が込んでいて、パワーポイントのお手本のようなものが目白押しでした。

 午後からはLibrary of the Year 2017の最終選考会へ。わたしは去年から引き続き選考委員を務め、最後の審査を会場からドキドキしながら、楽しみながら拝見していました。大賞は見事、「瀬戸内市民図書館もみわ広場」が受賞されました。おめでとうございます! 思えば去年、当エル・ライブラリーも優秀賞をいただいたのでありました。去年は決戦投票での大賞受賞館は完全に票が割れたのですが、今年は瀬戸内市民図書館の圧勝でした。

 そして夜は大交流会に参加していろいろ景品もいただき、翌日は朝から相模原市に移動して全史料協(全国歴史資料保存利用機関連絡協議会)の総会に参加しました(11月9、10日)。

 今年は相模原市の博物館と公文書館を見学し、研修会では「市民協働によるデータベース構築―尼崎市の事例から」 などを拝聴しました。

 下は、博物館の入り口に鎮座する小惑星探査機「はやぶさ」の模型です。天井高ぎりぎりに設置されていて、さぞや運搬業者さん泣かせだったんだろうと想像がつきます。

f:id:l-library:20171109102133j:plain

 

f:id:l-library:20171109111356j:plain

 

 研修会場ではポスターセッションに参加し、当館のポスターを貼付して、来場される方々に「炭鉱の記憶と関西 三池炭鉱閉山20年展」のパンフレットを配布しました。

f:id:l-library:20171110121253j:plain

 そして21日と22日は愛知県で開催された労働資料協(社会・労働関係資料センター連絡協議会)の総会・研修会へ。わたしは労働資料協の事務局長を仰せつかっているので、この準備のために忙しくしておりましたが、無事に終了しました。

 11月21日(火)は名古屋市にある愛知県図書館を総会会場にお借りして、県図書館の県内ネットワークを活かした取り組みを拝見し、翌日は名古屋駅前のウィンク愛知(愛知県産業労働センター)に研修会場を移して、情報コーナーの見学と、愛知県労働会館の図書室が閉鎖され、資料が移管された状況などの経過を学びました。その後は職業適性検査を受けて、参加者全員が自分の適性について改めて知ることができました。

f:id:l-library:20171121162159j:plain

 上の写真は愛知県図書館の展示「社史つまみぐい展」。食品会社の製品が所狭しと並んでいます。

 下の写真はウィンク愛知の労働情報コーナーの一角です。ここでは県の労働相談や国のハローワークとの連携で就労支援事業が一体的におこなわれています。

f:id:l-library:20171122093120j:plain

 午後からは「四日市公害と環境未来館」に移動しました。ここは市立博物館(平成5年開館)に併設する形で、平成27年3月21日にオープンしました。その際つくられた市立博物館&プラネタリウム+当館の総称を「そらんぽ四日市」といい、“そら”は、青空を取り戻した四日市、博物館常設展の「時空街道」、プラネタリウムの「宇宙」(そら)をイメージしています。

 小池学芸員の説明では、「“さんぽ”は、散歩をするように3施設を巡って、学んでいただくことをイメージしています」とのこと。

歴史博物館の展示が現代の公害問題とそれを克服して未来へ向かう四日市の姿へと、シームレスにつながっていくように工夫されています。

f:id:l-library:20171122144704j:plain

 駆け足で今月の研修を報告しました。たくさんの写真を撮ってきましたが、とても全部は紹介しきれません。多くの人々との交流で当館のサポーターも増えました。日常業務に学びをフィードバックしていくことで、労働専門資料館としての役目を果たしていきたいと思います。(谷合佳代子)

当館資料を使った研究論文を紹介

 当館の資料を活用した研究論文はいろんな方に書いていただいており、しばしばその成果を抜き刷りなどの形で頂戴しています。
 資料を活用してもらえるのが、司書のなによりの喜びです。そして今般もまた、一橋大学院生さんから成果報告をいただきました。f:id:l-library:20171130164253j:plain

大原社会問題研究所雑誌』709号(2017年11月号)所収論文である、

長島祐基さんの

「平和擁護運動における討論集会の形成(1952-1953年)
 ――特定のレパートリーに対する多様な主体間の意味づけの一致に着目して」
が、その論文です。
 国際平和会議の役割と、特定のレパートリーに対する人々の意味づけの一致に着目することで、動員を通じた討論集会の開催という、戦後平和運動における公共空間の形成過程と、形成された公共空間の可能性と限界を明らかにするものです。

 さまざまなアーカイブ機関が所蔵する一次資料を活用して書かれた本論では、当館の資料も活用していただきました。

 なお、『大原社会問題研究所雑誌』は当館でバックナンバーを含めて全号を所蔵していますので、ぜひご利用ください。(谷合)

新着雑誌です(2017.11.22)

 今週の新着雑誌です。

新着雑誌のうち最新のものは貸出できません。

賃金事情 No2751 2017.11.20 (201309929)

労務事情 No1351 2017.11.15 (201309895)

ビジネスガイド No847 2017.12.10 (201309861)

労働基準広報 No1942 2017.11.21 (201309838)

労働法律旬報 1899号 2017.11.10 (201309788)

労働法令通信 No2468 2017.11.8 (201309952)

労働法令通信 No2469 2017.11.18 (201309986)

職場の人権 100号 2017.9.20 (201309556)

地域と労働運動 202号 2017.7.25 (201309697)

地域と労働運動 205号 2017.9.25 (201309721)

地域と労働運動 206号 2017.10.25 (201309754)

季刊労働者の権利 Vol319 2017.4.25 (201309739)

季刊労働者の権利 Vol320 2017.7.25 (201309762)

季刊労働者の権利 Vol321 2017.10.20 (201309770)

 

詳細な目次はこちら

続きを読む