2016-12-29から1日間の記事一覧

『女工哀史』と猪名川 ― 名著は兵庫県で書かれた(2)

前回は、どうして「能勢の山中」が多田村だったのかという所まででした。今回はその謎を解き明かします。 (下の写真は猪名川染織所の登記地番の現景 工場は、ここから右(西)側にかけて広がり、多田神社参詣道をはさんで事務所・寄宿舎・寮・売店などが並…