賃金勉強会を開催します

 現在エル・ライブラリーで割り引き斡旋販売中(詳細はhttp://d.hatena.ne.jp/l-library/20090108)の賃金管理ソフト「メリット賃金」を製作された八田喜久男氏による「最適賃金」についての勉強会を開きます。
 ソフトの実演そのものが目的ではなく、賃金管理手法一般についての勉強会です。当館のサポート会員は参加費無料です。ふるってご参加ください。

 勉強会「最適賃金の実際」
 講師: 八田 清久男氏(US賃金研究所)
 日時: 2月12日午後2時から4時
 場所: エル・ライブラリー
 参加費: エル・ライブラリーのサポート会員は無料。非会員は1000円。
  申し込み:lib@shaunkyo.jp 、または 電話にて(06-6947-7722)10日までにお申し込みを。


−−−−−講師による解説−−−−−−−−−−−−−−

書店やWebサイトで貴方が遭遇する「最適賃金」とは、60歳定年以降の賃金と在職年金及び雇用保険給付の最適な組み合わせのことでしょう。
しかしUS賃金研究所の最適賃金は行政主導の給付金関連とは無縁のオリジナルです。
その実質的な内容は「日本の人事部」の書式・文例で公開しておりますが、実際に導入する段階では手順及び統計学や専用ソフトをご理解頂くために、ミニ勉強会を開催します。
企業に従業員グループ別の最適賃金カーブという基準があれば、賃金の上げ下げの管理が確実で効率的になります。
業種や規模を問わない、普遍的な賃金管理の手法を超格安で公開します。