大阪市公文書館特別展「大阪市いちばん」

 現在大阪市公文書館で開催中の特別展を見てきました。
 大阪市公文書館大阪市立中央図書館の隣にあります。中央図書館は来館者がたくさんいますが、公文書館図書館の裏側に隠れて目立ちません。でもここは古いレアもの史料をたくさん持っているお宝文書館なのです。 

 今回の特別展は、明治22年の大阪市制の発足以降、これまでの大阪市が全国に先駆けて取り組んだ事業の一部について、大阪市の発展の歩みをたどりながら、公文書館収蔵の公文書や写真などで紹介する、というもの。

 いろいろと珍しい資料が展示されていますが、なかでも興味をそそられたのが大阪市音楽団関係の資料です。創立86年の伝統ある音楽団ですが、その始まりがなんと、軍縮でリストラされた軍楽隊を大阪市が雇い入れたことにあります。

 特別展は12日(木)まで。大阪市立中央図書館に立ち寄ったついでにいかがですか? わざわざ足を運ぶ値打ちも大いにあります。展示会を見たあとは中央図書館でブラウジング(ぶらぶらと本を見て回ること)もいいですね。
特別展について詳しくはこちら。(た)
http://www.city.osaka.lg.jp/somu/page/0000009521.html

平成21年度(21回)特別展示 大阪市制120周年記念事業                                   大阪市(おおさか)いちばん−全国にさきがけた事業−〜記録が人を響かせる〜」
【期間】 平成21年11月1日(日)〜平成21年11月12日(木)
【展示内容】 大阪市が全国に先駆けて取り組んだ事業に関する公文書館収蔵の公文書、刊行物を展示するとともに、パネル等による説明文・ 写真・関係資料もあわせて展示。
講演会・ビデオ上映あり
http://www.city.osaka.lg.jp/somu/page/0000009521.html