賀川豊彦献身100年記念映画上映会「死線を越えて」


 今年は「生協の父」と呼ばれる社会運動家賀川豊彦(1888−1960)が社会事業に身を投じてから100年目にあたります。全国の賀川豊彦関連施設・機関によって「賀川豊彦献身100年記念事業」が行われていることはすでにブログでもご紹介しました。(公式サイトはこちら。http://www.kagawa100.com/

 エル・ライブラリーでも<勝手に協賛>して、映画「死線を越えて 賀川豊彦物語」のDVD上映会を開催します。21歳の賀川豊彦が神戸のスラムで救貧活動を始めたのが1909年12月24日のことでした。その100年目の3日前、12月21日に、映画を上映します。入場無料ですのでふるってご参加ください。


●映画「死線を越えて 賀川豊彦物語」


●上映会

  • 日時:2009年12月21日(月)午後6時(5時半開場)
  • 場所:エル・おおさか(大阪府立労働センター)11階、連合大阪 大会議室

    地下鉄・京阪「天満橋」下車、西へ350メートル(地図はこちらhttp://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html

  • 料金:無料
  • 申込み:エル・ライブラリーまで。lib@shaunkyo.jp または電話06-6947-7722でどうぞ。飛び入り参加も可能ですができるだけ事前にお申し込みください。

 ※DVDをプロジェクター上映します。  ※賀川豊彦関連本を割り引き販売します。