エル・ライブラリーが紹介されました

 3月11日に自治労大阪府職員労働組合労働支部主催のエル・ライブラリー見学会が開かれました。その時の様子が機関紙「労働支部NEWS」2010-10号に写真付きで掲載されています。歌って踊れる図書館司書の案内による楽しく有意義な見学会であったとお褒めいただきました。ありがとうございます!



 
 そして、大阪市公文書館館長庄谷邦幸先生が、桃山学院大学『人間科学』38号(2010年3月)に「「公文書管理法」成立の背景に関する一考察」という論文を寄せておられます。その中で、


「公文書管理法」が成立するにいたっった社会的諸勢力は上述の日本学術会議歴史学者とくに近現代研究者の熱意もあるが、地方自治体のArchivesや民間のArchivesの諸活動(第1次資料の収集・選別・保存・利用)と市民の利用・活用も大きい。そこで、近畿地域におけるユニークな民間のArchivesも紹介したい。

 として、エル・ライブラリーを挙げてくださっています。設立の経過や蔵書構成の特徴について詳しく紹介していただき、高い評価をいただきました。ありがとうございます! 庄谷先生の抜き刷りも複数部いただきましたので、ご希望の方には差し上げます。メールでlib@shaunkyo.jpまでご連絡ください。