働く姿を描いて感動的なお奨め映画

 9月6日のエントリーに、雑誌『賃金実務』が選んだお奨め映画11作品を掲載しました。今日は、同誌に掲載された一覧のなかから独自に選んだ作品を以下に挙げておきます。投票の参考にしてくださいね!

タイトル製作年監督
9時から5時まで1980コリン・ヒギンズ
アウトブレイク1995ウォルフガング・ペーターゼン
赤ひげ1965黒澤明
アンタッチャブル1987ブライアン・デ・パルマ
イル・ポスティーノ1995マイケル・ラドフォード
インサイダー1999マイケル・マン
ウェディング・プランナー2001アダム・シャンクマン
ヴェロニカ・ゲリン2003ジョエル・シュマッカー
ウォール街1987オリヴァー・ストーン
課長 島耕作1992根岸吉太郎
クリクリのいた夏1999ジャン・ベッケル
クレイマー、クレイマー1979ロバート・ベントン
ザ・ファーム―法律事務所―1993シドニー・ポラック
ジェルミナル1993クロード・ベリ
就職戦線異状なし1991金子修介
少女の髪どめ2001ジッド・マジディ
深呼吸の必要2004篠原哲雄
シンドラーのリスト1993スティーヴン・スピルバーグ
スーパーの女1996伊丹十三
ターミナル2004スティーヴン・スピルバーグ
大空港1970ジョージ・シートン
タワーリング・インフェルノ1974ジョン・ギラーミン
ダンサー・イン・ザ・ダーク2000ラース・フォン・トリア
釣りバカ日誌1988栗山富夫
ディープ・インパクト1998ミミ・レダー
鉄道員1956ピエトロ・ジェルミ
てんびんの詩1988梅津明治郎
東京原発2002山川元
ドライビング・ミス・デイジー1989ブルース・ベレスフォード
トレインスポッティング1996ダニー・ボイル
ニュー・シネマ・パラダイス1989ジェゼッペ・トルナトーレ
ニュースの天才2003ビリー・レイ
ノーマ・レイ1979マーティン・リット
裸の島1960新藤兼人
バベットの晩餐会1987ガブリエル・アクセル
半落ち2003佐々部清
陽のあたる教室1995スティーヴン・ヘレク
陽はまた昇る2002佐々部清
ビューティフル・マインド2001ロン・ハワード
ファーゴ1996ジョエル・コーエン
フィールド・オブ・ドリームス1989フィル・アルデン・ロビンソン
芙蓉鎮1987シェ・チン
ブラス!1996マーク・ハーマン
フル・モンティ1997ピーター・カッタネオ
ボーン・スプレマシー2004ボール・グリーングラマ
慕情1955ヘンリー・キング
マイ・スウィート・シェフィールド1998サム・ミラー
1954フェデリコ・フェリーニ
耳をすませば1995近藤善文
みんなのいえ2001三谷幸喜
息子1991山田洋次
メルシィ!人生2000フランシス・ヴェベール
ダン・タイムス1936チャールズ・チャップリン
喜びも悲しみも幾歳月1957木下恵介
ライトスタッフ1983フィリップ・カウフマン
リクルート2003ロジャー・ドナルドソン
リトル・ダンサー2000スティーヴン・ダルドリー
レッズ1981ウォーレン・ベイティ
レナードの朝1990ペニー・マーシャル
ローマの休日1953ウィリアム・ワイラー
わが谷は緑なりき1941ジョン・フォード