読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムラックくんポスターを巡回展示しませんか?!

 saveMLAK(東日本震災復興支援活動)のキャラクター、ムラックくんを震災復興支援活動の広報のために、図書館・公民館・博物館などでお役立ていただけませんか。
 デザイナーの渡辺ゆきのさんがデザインしたムラックくん立体ポスターは、saveMLAKの一年半の活動記録をポスターに表現して、図書館総合展2012のポスターセッションで優秀賞を受賞しました。現在このポスターはエル・ライブラリーで保管しています。

 このポスターや、写真パネルを利用した展示会をぜひ開いてください。
 輸送できるように、特製の箱も作ってあります。写真は、その箱を作製中の阿児雄之さん(東京工業大学博物館)。大きな段ボール箱を使って、ポスターがすっと入るような箱を作っています。

 出来上がった箱にポスターを入れるところ。誰でも簡単に出し入れできます。


 このムラックくんポスターは先日、大阪府中之島図書館で行われた図書館員向けのセミナー会場で展示されました。今後も、ぜひ各地の図書館や博物館、公民館で巡回展示しませんか? 下の写真は、ムラックくんポスターのアピールをする渡辺ゆきのさんと当館の谷合(中之島図書館・藤井兼芳さん撮影)。

<巡回展示の条件>

  • saveMLAK のニュースレターやフライヤーなど、広報のための紙資料もダウンロードして配布または展示してください

http://savemlak.jp/wiki/saveMLAK:Newsletter
http://savemlak.jp/savemlak/images/f/fe/saveMLAK-flyer-2.pdf

  • ポスターもあり、貸出可能
  • ムラックくんポスターは修理が簡単。破損してもかまいません。展示館に破損の責任を問いません。
  • saveMLAKのプロジェクトリーダー岡本真さんが写した大量の被災地写真も展示にお使い下さい。

http://www.flickr.com/photos/argeditor/collections/72157625468181915/

  • 輸送コスト(宅配料)は原則として展示館の負担としますが、支出が難しい場合はsaveMLAKが負担します

 被害の状況と復興が進む被災地の文化施設について、市民のみなさまに知っていただくために、ぜひムラックくんポスターの展示会を開催してください。