夏の夜の幻灯会2013

好評を博した2011年の「幻灯会」に続き、今年も「夏の夜の幻灯会2013」を開催します。どうぞ真夏の夜、涼みがてらお越しください。


占領期から戦後1950年代を中心に、誰にでも作り、上映することのできる映像メディアとして幅広く利用された幻灯。その多様な資料的価値を今、再び探求。昭和30年ごろの社会主義啓蒙スライドと労働問題啓蒙スライドを投影します。

日時:2013年8月18日(日)18:20〜20:30 (18:00開場)
会場:エル・おおさか南館734号室 http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
入場無料【定員60名】

上映作品:
『北鮮を訪ねて』(1956年?)
『痛くないお産―ソヴェトの無痛分娩 第一部無痛分娩の知識』(1955年?)
『にこよん』(1955年?)
『自転車にのってったお父ちゃん』(1956年5月)
 詳細はこちらhttp://shaunkyo.jp/gentoukai2013.html

共催:
早稲田大学演劇博物館・演劇映像学連携研究拠点 平成25年度公募研究「昭和期日本における幻灯(スライド)の復興と再発展―「教育」と「運動」のメディアとしての製作・流通・運用に関する実証的研究を中心に」(研究代表者:鷲谷花http://kyodo.enpaku.waseda.ac.jp/
エル・ライブラリー(大阪産業労働資料館)

協力:神戸映画資料館/熊本学園大学水俣学研究センター
   ※この事業は公益財団法人三菱財団の助成によって行われます

お問い合わせ
エル・ライブラリー(電話: 06-6947-7722 /メール: lib@shaunkyo.jp)