むかし炭坑、いま原発 三池炭鉱炭塵爆発50年展

  • 2013年11月9日(土) 〜16日(土)10時〜18時(15日のみ20時まで/11日休館)
  • 会場:エル・ライブラリー・展示コーナー
  • 入場無料
  • 資料展示の他、映画「三池からの報告」等、関連映像。


「三池の黒い煙」と「フクシマの白い煙が問いかけるもの」
三池炭鉱炭じん爆発50年展
1963年におこった戦後最大の炭鉱事故、
三井鉱山三池鉱業所三川鉱爆発」。
458人の犠牲者と839人の一酸化炭素中毒患者を出し、
患者と家族の苦しみは今なお続いている。

危険とわかっていても、そこで働かざるを得ない労働者。
行政によって分断される住民。
あいまいにされる独占資本と国の責任。

福島第一原子力発電所爆発の白い煙は、
50年前の三池炭坑炭じん大爆発の黒い煙と
なんらかわっていないのではないか。

ちらしPDF http://shaunkyo.jp/files/flyer_miiketankoutanjinbakuhatsu50nenten.pdf


会期終了後も、予約していただければ11/29(金)まで観覧できます。予約日時については観覧希望日の2日前までにエル・ライブラリーへお問合せください。
11月10日(日)はライブラリーの閲覧室は休みますが、展示コーナーのみ開館します。

お問合せ

  • エル・ライブラリー 電話06-6947-7722 メール:lib@shaunkyo.jp
  • 前川:電話090-2389-7686, 0749-23-1028、e-mail: maekawa@hasiru.net
                                                                                                                                                              • -

主催:三池炭鉱炭じん爆発50年展実行委員会
協賛:エル・ライブラリー
協力:大牟田・荒尾がんばろう会