当館資料を活用した研究報告

 夏から秋にかけて、当館所蔵の貴重な文書資料を活用した研究報告が学術雑誌に2本立て続けに掲載されました。近江絹糸人権争議(1954年)後に彦根工場で発行された多くの職場新聞や文芸誌のコレクションを、当館では寄贈者・辻保治氏(故人)にちなんで「辻コレクション」と呼んでいます。その資料解題を下記5人によって共同執筆したものをご紹介します。
 ※写真は辻コレクションの一部。

大原社会問題研究所雑誌』668号 2014年6月号
≪資料紹介≫「エル・ライブラリー所蔵の近江絹糸人権争議資料 ――辻コレクションについて」島西智輝・梅崎修・下久保恵子・谷合佳代子・南雲智映
全文がこちらで閲覧可能 http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/oz/668/668-06.pdf
 ※

香川大学経済論叢』第87巻第1・2号 2014年9月
「1950年代日本の労働運動における文化活動と職場闘争 ―人権争議後の近江絹糸紡績労働組合の事例―」島西智輝・下久保恵子・谷合佳代子・梅崎修・南雲智映
 本論は当館で閲覧可能です。http://l-library.tosho-rashinban.jp/bibliography/detail?id=486172