アンコール開催「資料デジタル化の基礎と実際 ―凸版印刷の事例から―」

 1月13日に開催したこのセミナー、既報(http://d.hatena.ne.jp/l-library/20150115)のとおり、満員御礼の大好評のうちに終了しました。なおも、東京の図書館員より「ぜひこの話を聞きたい!」との熱望があり、まるっぽ再現開催することとなりました。しかも今回はエル・ライブラリーの見学会付きです。平日昼間なので参加しづらい方も多いかもしれませんが、これが最後のチャンスですから、どうぞお申込みください。もちろん無料、もちろん凸版印刷さんご自慢のVR(ヴァーチャル・リアリティ)上映あり。レアもの資料満載のエル・ライブラリーの書庫を見学できるチャンスです!

講演:「東寺百合文書のデジタル化」大橋秀亮氏
   (凸版印刷株式会社 関西情報コミュニケーション事業部販売促進部)
バーチャルリアリティシステム「トッパンVR」上映(30分)
コメント:「辻コレクションのデジタル化」谷合佳代子(エル・ライブラリー館長)
質疑応答

日時:2015年2月25日(水)
15:00〜16:00 エル・ライブラリー見学会
16:00〜17:30 セミナー、VR上映、質疑応答
場所:エル・ライブラリー
アクセス:京阪・地下鉄「天満橋」下車西へ350メートル。エルおおさか4階
 http://shaunkyo.jp/access.html
参加費:無料
定員:見学会は10名、セミナーは15名

  • 申込み:lib@shaunkyo.jp までメールでどうぞ。
  • 申込み締切:2015年2月24日(火)12:00
  • 主催:エル・ライブラリー(大阪産業労働資料館)