読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神戸文学館企画展「神戸・サークル誌の時代」

 当館主催の「講座『大阪社会労働運動史』」の講師のおひとり黒川伊織先生が企画に携わられたイベントをご紹介します。


  • 会期 : 2015年4月24日(金曜)〜7月12日(日曜)
  • 趣旨 : 働く若者たちのエネルギーが詩や小説の創作に注がれた時代がありました。焦土となった神戸の街の戦後復興を担った若者たちは、職場や地域でサークルと呼ばれる小グループに集い、そこで書いた詩や小説をガリ刷りのサークル誌にのせて、世の中に発信していったのです。日々の仕事や生活のなかからわき上がってくる思いのたけをありのままに綴った若者たちの表現は、戦後神戸の熱気を今に伝えます。ナマの資料に触れながら、戦後神戸のサークル誌の時代を体感してみてください。
  • 展示内容 : 「神戸文学」「神戸文学通信」「どろんこ文学」「やまなみ」「職員文化」「沿岸地帯」「山河」「詩炎」「足音」「新日本文学」「破壊者」「神戸勤労者文学研会ニュース」など1940〜50年代を中心に神戸で発行されたサークル誌をはじめ、関係資料、進駐軍キャンプ、臨港線、神戸港のはしけ、三宮高架商店街など、当時の神戸を物語る写真の数々など。
  • 記念催し: トーク&ディスカッション「海港都市神戸のサークル誌―街・人・文学―」
  • 日時:5月30日(土曜) 午後2時〜午後3時30分
  • 講師:
  • 協力 : 公財)兵庫県勤労福祉協会、近畿労働金庫  
  • 入場料 : 無料(ただし、記念催しは参加料200円)
  • 開館時間:平日 午前10時〜午後 6時,土・日・祝日  午前 9時〜午後 5時
  • 休館日 :毎週水曜日(祝日の場合は翌日)
  • 所在地 : 神戸市灘区王子町3丁目1番2号(王子動物園西隣、関西学院の元チャペル)
  • 電話・FAX : 078(882)2028
  • 交通案内 :