読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エル・ライブラリーについて書きました

新着図書案内 メディア情報

 当館館長谷合も執筆者の一人である『ささえあう図書館』(勉誠出版)が刊行されました!

 谷合が執筆したのは第3章「支え合う社会をめざして―働く人々の今を支え、歴史を未来に伝えるエル・ライブラリー」です。ほかにも多くの、市民によって支えられる、市民を支える図書館の事例が報告されています。

目次
まえがき 青柳英治

序 章 「ささえあう図書館」とは 青柳英治

第?部 利用者が図書館をささえる
第一章 市民とともにめざす「読書のまち 恵庭」 内藤和代
第二章 離島の小さな図書館にできること―海士町中央図書館の歩み 磯谷奈緒子
第三章 支え合う社会をめざして―働く人々の今を支え、歴史を未来に伝えるエル・ライブラリー 谷合佳代子

第?部 図書館が利用者をささえる
第四章 図書館は社会のセーフティネットになっているか?―「課題解決」型の図書館の視点から 小林隆
第五章 中之島図書館のビジネス支援―多くの人たちに支えられた11年の軌跡 藤井兼芳
第六章 会員制ビジネスライブラリー「BIZCOLI」の挑戦―利用者を支える図書館のデザインと実践 岡本洋幸

第?部 図書館を利用者に届ける
第七章 視覚障害者の読書をささえて―日本点字図書館の活動 田中徹二
第八章 「癒しと情報」の館やかた=患者図書館―患者の視点に立ったサービス活動 菊池佑
第九章 矯正施設の「読書」をささえる図書館サービス 日置将之
第十章 被災地の人たちをささえる移動図書館プロジェクト―自然災害、無縁社会など、日本社会が直面する課題に向き合う 鎌倉幸子
    
終 章 「社会装置」としての新たなモデルと役割の可能性  青柳英治

あとがき 岡本真
執筆者紹介
索引

 2月26日には東京で出版記念トークイベントも開催されます(詳細はhttp://bensei.jp/?main_page=wordpress&p=7951)ので、東京方面にお住いの方はぜひぜひご参加ください。

 関西でもトークイベントなどの計画が持ち上がっていますので、決まり次第お知らせします。(谷合)
<書誌情報>
ささえあう図書館:「社会装置」としての新たなモデルと役割 / 青柳英治 編著, 岡本真 監修