バザーフェスタを開催しました(2016.5.7)

「まちライブラリー・ブックフェスタ2016in関西連携企画」の第2弾として、バザーフェスタを開催しました。
当日は開催時間の1時間以上も前から待っている方々もいらっしゃいました。開場とともに一気に品物を積み上げて買っていかれました。古本も台車でなんども運ぶほど購入してくださるなど、予想以上の売れ行きでした。



展覧会の図録、古い特集雑誌、絵本、楽譜、専門書などいろいろなジャンルを送っていただた古本は、来場者の方々に「発掘」も楽しみながら購入していただきました。フェスタ当日も、バザー用品を持参していただいたりもしました(会場にだすやいなや速攻売れてしまいました)。


廊下に広げた古本は、同じくブックフェスタ2016in関西の企画行事で来館された方々に運んで片付けていただきました。助かりました!

 バザー会場では熊本学園大学の山田美幸先生からご提供いただいた被災状況の写真をスライド上映し、一部は印刷して掲出しました。


全国からバザー用品、古本をお送りいただいた皆さま、それらの整理をしてくださったボランティアの皆さま、当日の売り子をしていただいたボランティアの皆さま、広報してくださった皆さま、企画の成功を祈ってくださった皆さま、お買い上げくださった皆さま、本当にありがとうございました。皆さまのご支援に支えられているエル・ライブラリーですが、このような折には温情を改めてありがたく噛みしめております。

 おかげさまで売り上げは12万8030円となりました。うち、7万円を熊本大地震で被災された方々の救助活動に取り組んでおられる熊本学園大学義援金として寄付させていただきます(寄付の詳細につきましては後日ご報告いたします)。(千本)

<5/28追記>

 バザー後に送金確認がとれた、仙台の元図書館員さんからのカンパ2000円も追加して、7万2千円を熊本学園大学に寄付しました。今回のバザーには各方面(とりわけ図書館員)のかたがたから「バザーに行けない分、送金します」との寄付をいただいています。みなさま本当にありがとうございました。
 また、熊本学園大学の山田美幸先生と水俣学研究センターの井上ゆかり先生からはご丁寧なお礼メールをいただいています。みなさまの献身に敬意を感謝を申し上げます。(谷合)