読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Code4Lib Japan 登壇者募集

イベント案内

 
 エル・ライブラリーが共催するイベント、Code4Lib JAPANカンファレンスを紹介します。

 Code4Lib(コード・フォー・リブ) とは、アメリカを中心に活動する図書館関係のプログラマ、システム技術者を中心としたコミュニティです。2003年の秋にインターネット上のメーリングリストとして発足、2006年からはオフライン(顔をあわせて)でのCode4Libカンファレンスを毎年開催しています。2010年2月に開催されたCode4Lib 2010には、アメリカに加え、日本を含め世界各地から約250名が参加しています。

 Code4Lib (code for libraries)は、図書館やアーカイブミュージアムなどに関わるさまざまな人々(ライブラリアン、デザイナー、ハッカー、アーキテクト、etc.)が自発的に集い、技術を通じてさまざまな課題に取り組むという世界的なコミュニティです。Code4Lib JAPANは、Code4Libのムーブメントを日本にも広げていくことを目指して結成され、2013年からは年1回のカンファレンスを開催しています。

 第4回となる今回は、大阪府立労働センター(エル・おおさか)にて2016年9月10日・11日に開催します。
 7月20日まで発表者を募集していますので、ぜひご応募ください!

【概要】
名称:Code4Lib JAPANカンファレンス2016
日程:2016年9月10日(土)、9月11日(日)
場所:大阪府立労働センター(エル・おおさか)
(地下鉄谷町線京阪電車 天満橋駅 徒歩5分)
主催:Code4Lib JAPAN
共催:大阪産業労働資料館(エル・ライブラリー)
詳細URL:http://wiki.code4lib.jp/wiki/C4ljp2016
申し込みも、上記ページからお願いします。