読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

講座「大阪社会労働運動史」初級受講生募集中

イベント案内

講座「大阪社会労働運動史」第3期

市民はいかに労働問題や社会問題の解決に関わってきたのか。 

歴史に学び、現代の社会労働問題に取り組む頭と心を鍛える 「市民による市民のための市民の歴史講座」。
教材はエル・ライブラリー所蔵の過去100年間にわたる、労働・社会運動の文書、写真、映像などのリアルな資料。
今期は篠田徹講師(早稲田大学教授)による中級と、黒川伊織講師(エル・ライブラリー特別研究員・神戸大学研究員)が指導する初級を併催。


 初級コース「基礎から学ぶ『大阪社会労働運動史』」

*明治維新以後高度経済長期までの大阪の社会・労働運動の歴史を、講師の講義によって学ぶ。
*史跡歩きもあり。
*希望者には中級講座の見学も設定します

受講生募集中
申込・問い合わせ メールで lib@shaunkyo.jp まで。またはお電話で 06-6947-7722までどうぞ。

対象:どなたでも

受講料:1万円

日程

開講式 :2017年4月23日(日)午後2時  オリエンテーション(書庫見学など)
 ※開講日に出席できない方にはフォローあり。 ※講座は原則として第3日曜日。

開講式 4月23日
番外 5月5日~9日 三池炭鉱閉山20年展の見学
第1回5月21日 社会運動史入門講義
第2回6月18日 社会運動史入門講義
第3回7月16日 社会運動史入門講義
第4回9月17日 社会運動史入門講義
第5回10月15日 午前「大阪社会運動顕彰塔」見学(希望者のみ)、午後講義
第6回11月19日 中之島界隈の社会運動史跡めぐり
第7回12月17日 社会運動史入門講義
第8回1月21日 社会運動史入門講義
第9回2月18日 社会運動史入門講義
第10回3月18日 受講生によるレポート発表「講座を受講して」


篠田徹(早稲田大学社会科学総合学術院教授)

篠田徹氏

早稲田大学社会科学総合学術院教授
1959年東京生まれ。早稲田大学政治学研究科博士後期課程中退。
北九州大学専任講師、ハーバード大学ライシャワー日本研究所客員研究員などを経て
現在、早稲田大学社会科学総合学術院教授。研究分野は比較労働政治。
著書に『世紀末の労働運動』(岩波書店)、『労働と福祉国家の可能性:労働運動再生の国際比較』(共著、ミネルヴァ書房) ほか。

黒川伊織氏

エル・ライブラリー特別研究員、神戸大学特別研究員
1974年広島生まれ。神戸大学総合人間科学研究科博士後期課程修了。博士(学術)。研究分野は日本思想史・社会運動史。
著書に『帝国に抗する社会運動:第一次日本共産党の思想と運動』(有志舎)、『「在日」と50年代文化運動―幻の詩誌『ヂンダレ』『カリオン』を読む』(共著、人文書院)ほか。