「炭鉱の記憶と関西」展、報道さる

 6月6日から30日まで関西大学博物館へ巡回中の「炭鉱の記憶と関西 三池炭鉱閉山20年展」について、労働専門雑誌と、三池炭鉱地元の西日本新聞筑後版で取り上げていただきました。

 下の写真は6月9日付の「西日本新聞筑後版です。この後も引き続き、文化面などで掲載を続けてくださるとのこと。福岡県大牟田市熊本県荒尾市といった三池炭鉱の地元からも熱い注目を浴びています。

 

f:id:l-library:20170609100701j:plain

 そしてもう一つは、4月から月刊誌に変わった『労働情報』です。958号に日比野敏陽さんが記事を書いてくださいました。

 

 

f:id:l-library:20170613150438p:plain