『女工哀史』と猪名川 ― いよいよ刊行間近

当ブログで4回にわたって連載した「『女工哀史』と猪名川 ― 名著は兵庫県で書かれた」を執筆された小田康徳氏の最新刊が、いよいよ刊行間近となりました。

 今回は、そのことを報じた、朝日ファミリー・デジタルの記事をご紹介しましょう。大田季子さんが書いた記事では、『歴史と猪名川川西市域から見た・川と人との物語―』(仮題)というタイトルで年明けにも神戸新聞総合出版センターから出版されるとのこと。

www.asahi-family.com

 大田さんの記事では、猪名川女工哀史の関係が多くの写真とともにわかりやすく謎解きされています。ぜひお読みください。