エル・ライブラリー10周年・社運協40周年記念講演会

 「働くひとびとの記録を未来に伝え、歴史を編む」

f:id:l-library:20181106123954p:plain

 大阪府・市からの公的資金が全廃された2008年に立ち上げたエル・ライブラリー(大阪産業労働資料館)も、みなさまのご支援により、おかげさまで10月21日に10周年を迎えました。

 この喜びをみなさまとともにわかちあい、また法人設立40年と『大阪社会労働運動史』10巻の編纂開始を記念するため、下記の通りの集いを開催いたします。

 一つ目の講演は、大阪社会運動顕彰塔(※)50年の歴史を写真・動画とともに振り返ります。顕彰・追悼式典も来年50回という節目の年を迎えます。これを機に顕彰塔は建て替え、新しい顕彰碑を2020年にお披露目する予定です。

 二つ目の講演は、『大阪社会労働運動史』10巻編集代表の玉井金五先生に、運動史編纂の意義について、その歴史を振り返りつつお話しいただきます。そして、10巻がめざすところなどその展望について語っていただきます。

 

日時:2018年12月9日(日)

場所:第1部は大阪城公園内、第2部はエル・おおさか

◆スケジュール

第1部 11:00 大阪社会運動顕彰塔(大阪城公園内)の見学(15名限定)30分程度

第2部 エルおおさか6階606号室にて

13:00 受付開始(定員100名)

13:30 開会

    開会の辞 理事長 山﨑弦一

 13:55 谷合佳代子「映像で見る大阪社会運動顕彰塔の歴史とエル・ライブラリー」

 <休憩>

15:00 玉井金五「『大阪社会労働運動史』第10巻の社会的意義」

16:00 終了

◆参加費:無料

◆来場者プレゼント:株式会社工房レストア提供による、「エル・ライブラリー10周年記念ボールペン」ボディは赤・青・黒。先着70名様限定。

f:id:l-library:20181031132437p:plain

f:id:l-library:20181106123442p:plain

 ※大阪社会運動顕彰塔は1970年に彫刻家・浅野孟府のデザインによって建立されました。2020年には解体して新たな顕彰碑を建立するため、その威容を見学できる残り少ない機会となります。顕彰塔の意義及び歴史はこちら

 

問い合わせ・見学申し込みはフォームから:http://shaunkyo.jp/contact/