公式サイトに英語ページ作成しました

 国際博物館会議が初めて日本で開催されるのを機に、当館も世界デビューを飾ります。9月3日(火)には館長谷合が登壇することもあり、当館の公式サイトに英語ページを作成しました。
 まだ簡単な説明を記載しているだけですが、最低限の情報を掲載し、いくつかの重要なページへのリンクを張っています。
http://shaunkyo.jp/english
 ご覧になって感想や改善点などをご指摘いただければ幸いです。また、ボランティアで英訳にご協力くださる方も募集します。
 このページの原文は、ICOM京都大会での共同発表者でありメイン報告者である筒井弥生さんと、米国ウィルミントン大学平和資料センターのターニャ・マウス所長の作成文です。お二人に深く謝意を表します。
 なお、谷合はICOM京都大会のCIDOC(ドキュメンテーション国際委員会)セッションに登壇します。今回は一橋大学非常勤講師の筒井弥生さんにお誘いいただき、当館の事例を報告することになりました。
 筒井さんがメイン発表者で、谷合は添え物なのですが、これでエル・ライブラリーも世界にデビューすることになりました。
 ICOM大会期間中はさまざまなミュージアムで関連イベントが開かれます。一般の方々もお楽しみいただけますので、詳しくはぜひ京都大会の公式サイトをご覧ください。
https://icom-kyoto-2019.org/jp/index.html
発表テーマ:小規模MLA機関のドキュメンテーションと運営
登壇日時:2019年9月3日(火)15:00~15:10
場所:稲盛記念会館(京都府立大学)2階207号室
共同報告者:筒井弥生、Tanya Maus