新着雑誌です(2018.9.13)

今週の新着雑誌です。

新着雑誌のうち、最新のものは貸出できません。閲覧のみです。

労務事情 No1367 2018.8.1・15 (201315926)

労務事情 No1368 2018.9.1 (201315827)

賃金事情 No2767 2018.8.5・20 (201315900)

賃金事情 No2768 2018.9.5 2018.9.5 (201315991)

企業と人材 No1067 2018.9.5 (201315967)

人事実務 No1188 2018.9.1 (201315793)

ビジネスガイド No859 2018.9.10 (201316163)

労働判例 No1180 2018.8.1・15 (201315876)

労働判例 No1181 2018.9.1 (201315942)

労働経済判例速報 2349号 2018.8.10 (201315983)

労働経済判例速報 2350号 2018.8.20 (2013115850)

労働経済判例速報 2351号 2018.8.30 (201315884)

労働法学研究会報 No2676 2018.9.1 (201315918)

旬刊福利厚生 No2253 2018.8.14 (201315843)

月刊人事労務 354号 2018.7.25 (201315934)

労働基準広報 No1969 2018.9.1 (201316015)

労働基準広報 No1970 2018.9.11 (201316049)

旬刊福利厚生 No2254 2018.8.28 (201315975)

賃金と社会保障 1711・1712号 2018.8.25 (201316072)

労働法律旬報 2018.8.10 (201316106)

労働法律旬報 1918号 2018.8.25 (201316130)

 

詳細な目次はこちら

続きを読む

臨時休館します(9月4日)

台風接近に伴う臨時休館のおしらせ(9月3日17:30)

 

台風21号が接近に伴い、9月4日(火曜日)は臨時休館とさせていただきます。

ご不便をおかけいたしますが、ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

みなさまもどうぞ安全第一にお気をつけてお過ごしください。

 

【開館10周年記念企画】見学会や講演会、交流会など開催

 エル・ライブラリーは今年10月に開館10周年を迎えます。大阪府・市の補助金全廃、委託運営していた図書館も廃止、という困難な状況下に、当法人が自主運営を決めて立ち上げた、「大阪産業労働資料館」も全国のみなさまの物心両面のご支援により、10年を迎えることができます。心から感謝申し上げます。

 開館10周年記念企画をこれからいくつもご用意していきますので、どうぞ引き続きのご支援をよろしくお願いいたします。

f:id:l-library:20180822163938p:plain

<開催予告>詳細は未定。

 

■2018年10月21日(日)

 場所:エル・ライブラリー

 午後

 アーカイブズの整理・保存について。ともに学ぶ場を持ちたいと考えています。

 夕方~

 エル・ライブラリー10周年を祝ってプチ・パーティー

 

■2018年12月9日(日)

エル・ライブラリーの10年の歴史だけではなく、法人設立40年の歴史をひもとく企画です。

午前中:大阪社会運動顕彰塔見学会(於:大阪城公園)(上の写真)

午後:ライブラリーの歴史と顕彰塔の紹介

   場所:エル・おおさか会議室(エル・ライブラリーのある建物です)

   『大阪社会労働運動史』第10巻編纂に向けて、40年におよぶ編纂の歴史と意義をレクチャー

 

 

新着雑誌です(2018.8.21)

今週の新着雑誌です。

新着雑誌のうち、最新のものは貸出できません。閲覧のみです。

労政時報 3956号 2018.8.10・20 (201315892)

労働経済判例速報 2348号 2018.7.30 (201315769)

旬刊福利厚生 No2252 2018.7.24 (201315777)

労働基準広報 No1967 2018.8.11 (201315801)

地域と労働運動 215号 2018.7.25 (201315835)

労働情報 No972 2018.8.1 (201315868)

 

詳細な目次はこちら

続きを読む

古本・バザー用品寄贈のお願い

夏の甲子園の決勝戦も終了し、酷暑だったこの夏もようやく終わりが見えてきました。みなさまお疲れがでていませんでしょうか?

 

さて、いつもエル・ライブラリーにご支援を賜りましてありがとうございます。

当館の収入源のひとつである古本市・バザーはおかげさまで毎日どなたかがのぞいてくださってます。ただ、今棚がスカスカになっています‥‥。

f:id:l-library:20180821171404j:plainもしご不要の書籍やバザー用品がおありでしたら、ご寄贈いただけますと大変助かります。

古本の種類やジャンルは問いませんが、人気なのはなんといっても文庫本です。近くの研究所の研究員の方がよくのぞきにこられるので、ハードカバーでも人文科学系の新しい本は売れていきます。

 

バザー用品では、タオルがあっという間に売れてしまいます。靴下も。よく来られる方々は新しいものが入ってくるのが楽しみとおっしゃっていて、文具やアクセサリーなどのこまごましたものも人気があります。

周辺の事務所の方が仕入れにこられるので、なぜか事務所用の食器も売れています。

 

皆さまのご支援に支えられて開館10年目に突入しようとしているエル・ライブラリー。引き続きなにとぞよろしくお願いいたします。(千本)

 

 

ドキュメンタリー映画「陸軍前橋飛行場 私たちの村も戦場だった」

「公文書管理の大切さを問いかける渾身のドキュメンタリー」をご紹介します。

 エル・ライブラリーも記録を保存・公開するアーカイブとして、記録の大切さを知らせてくれるこの映画に無関心ではおられません。

 8月18日(土)のシネ・ヌーヴォーでの公開初日には、天理大学の古賀崇先生による解説トークもあります。

www.youtube.com

ドキュメンタリー映画『陸軍前橋飛行場』公式サイト

 以下、配給会社((株)パンドラ)の宣伝文より転載いたします。

太平洋戦争末期群馬県中央部(旧群馬町)に急造された陸軍前橋飛行場

強制買収された田畑、訓練され沖縄に向かった若者たち

当時を知る人々の証言から浮かび上がることは・・・

 

本作品は、太平洋戦争中に群馬県国府村の住谷 修さんが、村人の苦痛や耐久生活を克明に記録した「村日記」を軸に、当時を知る人々の証言を丹念に収録。当時の資料を求めてワシントンの公文書館や、公文書管理法制定に尽力された福田康夫元首相にも取材協力をいただいた渾身の作品です。

監督の飯塚俊男は、知られざる地元の歴史を後世に伝えようと本作の製作を決意。飯塚の意図に賛同して、ベテランカメラマン重枝昭典、構成編集は腕利きの鍋島惇と、一流の技術陣が脇を固めて完成に漕ぎつけました。

 

記憶を記録に~平和への願いを込めて   監督 飯塚俊男

太平洋戦争のさなか、群馬県の中央部に建設された<陸軍前橋飛行場>が利用されたのは、敗戦で廃止されるまでの僅か1年間。建設に駆り出された地域の人々、特攻隊員と地域の人々との交流など、さまざまなドラマが生まれています。

当時を知る多くの人々へのインタビューを重ねて、ようやく1本の映画になりました。いずれの証言にも目を啓かせられる思いがしています。話を聴けば聴くほど、21世紀に生きる自分と当時の人々とが地続きで、彼らのすぐ隣にいるような錯覚を覚える事もあり、もし、あの時代に生きていたら自分も特攻に志願していたかもしれない、と思うことすらありました。怖さを実感しています。その怖さを知り、この事実を伝えることがとても大切です。それが歴史を知り伝えることではないでしょうか。

 

8/18~(土)大阪シネ・ヌーヴォにて公開予定

 初日11:30の回上映終了後に、古賀崇さん天理大学人間学部教授)トークを予定

  古賀崇さん

「政府内外での遡及的検証を可能にするための、公文書・刊行物ほか政府情報の管理・利用の制度と実務」を主な研究テーマとしている。米国国立公文書館ほか、米国における文書館制度と文書館専門職(アーキビスト)の動向に詳しい。その他、いかにして「人々の生きた証」を後世に残すか、国内外の動向や情報技術の進展を視野に入れつつ、研究を続けている。

 

2018年/カラー・モノクロ/69分

製作協力:「陸軍前橋(堤ケ丘)飛行場」製作協力委員会 企画・製作:アムール 配給:パンドラ

 

大阪空襲体験の記憶を引き継ぐために8月に「報告書」発行

 エル・ライブラリーに寄託していただいている大阪大空襲被災者運動資料の「報告書」が発行されました。発行団体代表の横山氏にこの「報告書」の意義について書いていただきましたので、ご紹介します。

 「毎日新聞」などでも大きく報道されて反響を呼んでいる、この報告書(総目次・索引)については、エル・ライブラリーでも10冊預かっています。1冊500円で販売中です。

 f:id:l-library:20180808130216j:plain

 以下、寄稿文です。

 

大阪空襲戦災被災者運動資料研究会(空資研)・横山 篤夫

 アジア太平洋戦争末期の大阪に対する無差別爆撃体験の記憶は、体験者の減少・高齢化の中で次第に失われようとしている。1970年代から始められた空襲の被災体験を語り継ぐ運動も、現在でも少数の関係者によって懸命に続けられている。しかし、戦争を全く知らない世代が多数を占め、平和教育を担う学校の教師もほとんどその実態を知らないというのが現状である。

 20余年にわたり、大阪で歴史の研究者と市民が共同して戦争と平和に関する研究活動を続けてきた15年戦争研究会には、大阪空襲の被災者運動を牽引してきた久保三也子さん(大阪大空襲の体験を語る会・以下「語る会」と略記)や伊賀孝子さん(大阪戦災傷害者・遺族の会)たちも参加しておられた。80歳代後半を迎えられたお二人ともに、次第に例会参加も困難になられ、運動の資料保管について不安を感じ始められた。相談を受け、15年戦争研究会のメンバーは、大阪の平和運動市民運動の歴史を語る貴重な資料を、保管・整理して調査し、公表することが必要と考え、実現のため有志で特別チームを作ろうということになった。こうして、2016年6月に大阪空襲被災者運動資料研究会(以下「空資研」)が立ち上げられた。

 先ずは資料を安全に保管できるスペースと、研究活動の会場が必要になる。この切実な課題に、趣旨を理解し会場の提供と大阪の社会運動の資料としての保管とをエル・ライブラリーが認めて下さり、空資研が活動できるようになった。

 はじめに久保さんと伊賀さんの聞き取りをして資料の寄託をお願いし、2016年冬までに主な資料をエル・ライブラリーに収納することが出来た。さらに関連資料も追加され、先ず「語る会」の資料調査・目録作りに取り掛かった。このリストを作る過程で、「語る会」が1971年から1997年にかけて編集・発行した『大阪大空襲体験記』(全9集)は、大阪市民が空襲の実態を報告した第一級の史料であり、今再び利用できるようにする取り組みの必要性が話し合われた。しかし、9冊の大部分は、1000部で自費出版されたものだったため、その時は大きく報道されてもその後所在が分からくなったものも多く現在の所在の確認も必要だった。

 昨年秋に全9集の総目次・索引を作ること、「語る会」が呼び掛けて集めピースおおさかに寄贈した空襲体験画のリストも掲載する事などを骨子に、空資研の「報告書」を作成することを決めた。全員が担当の体験記を決め、9冊の目次をまとめて一覧表にし、いつ、どこの、どんな体験が書いてあるかなどを書き出し、様式の統一をはかった。同時に「語る会」の歩みも要約してつける事、行政区別の体験記の索引を付ける事を決めた。また、体験画の作者別索引を作り、ピースおおさかの展示に使われているか、三省堂版の体験画集のどこに載っているか、その作者が体験記を書いている場合どの本に収録されているかなどの検索もできる表を付けた。さらに当時の交通機関・駅の図や、空襲被災地図、大空襲一覧表等を付けた。

 当時を知らない若い先生や、若い世代の人々が、この「報告書」を使って大阪を壊滅させた大阪空襲の実態を知る手掛かりにして欲しいという強い期待が密度の濃い作業を支えた。6月、7月には何度も臨時の研究会を開催し、8月1日に空資研報告書「大阪大空襲の体験を語る会編『大阪大空襲体験記』総目次・索引――付・大阪大空襲体験画一覧――」の刊行を実現することが出来た。この間、多くの空襲関係資料を持っているピースおおさか事務局に申し入れ、「語る会」編集の『大阪大空襲体験記』(全9集)を、ピースおおさか図書室に全巻揃えて常置することを要請し、その措置をするとの回答を得た。このことも『報告書』に紹介した。

 8月3日に府庁記者クラブで「報告書」の刊行を発表したが、その前日夕刊に「毎日新聞」が一面トップ記事で空資研の取組と「報告書」について大きく紹介した。連絡先として自宅の電話を紹介していたため、以後一週間に百件近い電話の申し込みがあった。その多くは80代、90代の空襲体験者からであった。「忘れられている大阪大空襲の体験記をよく復活させてくれた」という理解で激励し、この取り組みを称賛するものが多かった。そこでこれは検索のための手引きであり、体験記ではないと説明すると、それならいりませんと仰る方もあったが、それでも欲しいという場合も多かった。ご自分の体験を電話口で話してくださる方も多く、皆さん方の風化させてはいけないという熱い思いが伝わってきた。

先生たちの研修会で使いたいと20部の申し込みがあったこと、30代の堺の先生が記事を見て平和教育に使いたいと申し込みがあったことなど、空資研の期待した反応もあったが、残念ながら少数であるというのが現状である。

また、在日3世の方から、「祖母・母の空襲体験を聞いていたので。」という電話を頂き、以前から気がかりであった、「語る会」の空襲体験記には在日朝鮮人の体験記は無いこと、そして「語る会」以後大阪での空襲体験記が相当出ているがこれについても視野に入れた検討が必要なことなど課題も色々見えてきた。

f:id:l-library:20180808130255j:plain