エル・ライブラリー(大阪産業労働資料館)

休館日カレンダーや利用案内、地図は公式サイトをご覧ください。

『奈良刑務所物語 治安維持法で囚われた人々』

治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟奈良県本部・編(京阪奈情報教育出版/2020年12月/B5判194頁)

 奈良刑務所物語~治安維持法で囚われた人々 | 治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟奈良県本部 |本 | 通販 | Amazon

 編者の治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟奈良県本部は、1968年3月結成の治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟の奈良県支部として、1976年5月30日に結成された。現在会員450名。月刊紙「不屈 奈良県版」の発行や、2016年には「奈良県治安維持法犠牲者名簿」を刊行し、調査・研究・顕彰活動を重ねている。

 本書の初版は2014年に会員向けに刊行され、2016年の改訂版を経て今回、大量の増補を行って、初めて一般書として刊行された。

 奈良刑務所と言えば、明治の名煉瓦建築で、国の重要文化財として有名だが、明治の時代になぜあのような建築がなされたかについても、興味深い記述がなされている。

~ 司法省の若き建築技官・山下啓次郎が、視察のために欧米に派遣され、「刑務所が罰を与えるだけの暗く劣悪な環境の牢獄であってはならない。いつか社会に戻る受刑者たちが、心を育て更生の道を歩めるようなものでなくてはならない」という、既に「受刑者の人権」が認められていた西洋思想に学び、美しく立派で、しかも威圧感のない建物を設計した~

 ~この建物は町の人々にも愛され、多くの交流を生み、全国でも稀な「愛される刑務所」となった~と、作家・寮美千子が語っている。建物への愛着だけではなく、治安維持法で多くの政治犯が収容・虐待され、転向を迫られた暗黒の時代、それは侵略戦争へとなだれ込んだ道であり、そんな「歴史の証人=奈良監獄・奈良刑務所・奈良少年刑務所」の存続運動が、市民運動として起きた(「近代の名建築 奈良少年刑務所を宝に思う会」2014年発足)。市民が声をあげることで、「改築」の決定が覆され、2017年国の重要文化財「旧奈良監獄」に指定された。だが、アベノミクスの「文化財を活用して経済活性化に寄与させる」の標的となって、廃庁にされ、建物は民間委託されて史料館とホテルになった。

 本書は、この奈良刑務所の暗黒時代に悲惨な犠牲となった先人たちの苦悩と不屈の魂の記録を掘り起こした、歴史的な記録である。

 編者の地道な調査によれば、2016年までに判明しただけで、治安維持法下、引致、検挙、投獄されるなど弾圧された人は134名にのぼる。それらの人々の事跡が克明に刻まれている。主として、共産党員、水平社運動、農民運動、そして、権力におもねらなかった天理教関係者など、いずれの事跡もその生きざまが伝わる圧巻である。本書の冒頭の戎谷春松の、「般若寺坂―奈良刑務所回想」(「不屈奈良県版」に26回にわたって連載)について、その動機に身震いする想いである。~ 奈良刑務所は静かな丘の上の牢獄である。しかし僕らの以前に大逆事件の坂本清馬がたたかったし、<3・15><4.16><10・30>の先輩たちの平和と国民主権のためのたたかいがあった。その道を継いで歩いたひとりとして革命運動の聖痕の跡を書いておくのである。とくに今年は山宣の暗殺65年にあたり、その棺を担いで本郷通を葬送行進し、その肩の上に血の色と匂いを体験した生き残りとして―

 治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟は、「治安維持法犠牲者国家賠償法(仮称)」の制定を求めて、国会請願を重ねている。その請願内容は ~ 1)国は治安維持法が人道に反する悪法であったことを認めること 2)国は治安維持法犠牲者に謝罪し、賠償すること 3)国は治安維持法による犠牲者の実態を調査し、その内容を公表すること~である。

 二度と同じ過ちを繰り返させてはならない、次世代に継承せねばならないという編者の強い意志がひしひしと伝わる書である。(伍賀 偕子 ごか・ともこ)

 

感謝!500回(その1)

 千本が担当しています「新着雑誌紹介」のブログ記事が500回を超えました。これもエル・ライブラリーを12年4カ月続けてこられたからこそです。皆さまのご支援に深く感謝申し上げます。

 労働・労務関係の雑誌の目次をブログに掲載するという作業自体はエル・ライブラリーの前身である「大阪府労働情報総合プラザ」を当法人が委託運営していたときに始めました。専門図書館協議会セミナーで岡本真(現アカデミック・リソース・ガイド(ARG)代表)さんの講演を受けた谷合(現エル・ライブラリー館長)が「うちもブログを使った情報発信をする!」と宣言、有用性・速報性の観点から雑誌の目次を掲載することになりました。インターネットを用いた情報発信というのが緒に就いたばかりのころで、ブログの利用もまだ目新しかった時代でした。

 当時、当法人は「大阪府労働総合プラザ」の委託運営と併せて自前の「大阪社会運動資料センター」も運営していました(実際には「センター」設立の2006年以前から「資料室」が存在し、その運用をしていました)。

詳しくはこちらhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%98%AA%E7%94%A3%E6%A5%AD%E5%8A%B4%E5%83%8D%E8%B3%87%E6%96%99%E9%A4%A8

 このころ、図書整理は谷合、逐次刊行物整理は当法人の職員だったAさんと私が担当という分担がありました。さらに、私は「大阪社会運動資料センター」(前資料室)、Aさんは「大阪府労働情報総合プラザ」という区別もありました。実用的な労働・労務関係の雑誌は「大阪府労働情報総合プラザ」で受け入れていたので、雑誌の目次のプログ記事もAさんが担当していました。

 しかし、2008年7月に「大阪府労働情報総合プラザ」が廃止され、委託運営費および行政からの助成金を失った当法人は「プラザ」の図書館業務のみ(谷合と私は法人業務と図書館運営以外の事業も担当)を担当していたAさんが生計を成り立たせるだけの給与を保障する目途が立たず、申し訳ないことに離職してもらうことになってしまいました。

 先行きも見えず、資金もない(当時の理事長がこのとき投じてくれた私費をようやくお返しできたのはほんの数年前です)なか、2008年10月に「大阪産業労働資料館(エル・ライブラリー)」を開館しました。

 エル・ライブラリーは廃止された「大阪府労働情報総合プラザ」が担っていた「大阪府民への労働情報の提供・発信」、具体的には最新の労働・労務関係のデータの提供も行うこととし、労務関連の定期刊行物や関連図書を購入、閲覧に供することにしました(エル・ライブラリーサポート会員には貸出可)。併せて実務系雑誌の目次のブログへの掲載を再開しました。

 そうして、エル・ライブラリーを開館し、私が担当になってからのブログの雑誌目次記事が先日500回を迎えたのでした。(続く)(千本沢子<ちもと・さわこ>)

所蔵資料紹介~辻󠄀保治資料(近江絹糸紡績労働組合関係資料)

連載第8回 職場新聞(1)

 

f:id:l-library:20210218111457p:plain

 職場新聞は、近江絹糸紡績各工場の職場単位で刊行されている新聞である。ここで言う「職場」とは、絹糸紡績、綿・スフ紡績等それぞれの製造工程(製綿、精紡など)と対応している。辻資料に含まれている職場新聞は彦根支部のものが16タイトル、他支部を含めると、19タイトル112号分に上る。発行年代は最も早いもので、1956年2月の『蛹粉の中で』創刊号(絹紡製綿)、『ほのお』創刊号(絹紡ガス焼)、残存している最も新しいものは、1958年2月の『じんし』第7号(人繊仕上)である。また、下記の表は、1957年当時、発行、または準備されていた職場新聞の一覧である。

 《表1》

 f:id:l-library:20210218112127p:plain

 職場新聞は「らくがき運動」を通じて落書き帖などに書かれた労働者の声、要求、文芸作品などを編集したもので、各職場に編集委員会が組織され、その指導や支援は支部教文部が行った。

 

写真 (『蛹粉の中で』[B122]7号-4頁構成の典型的なものとして、1~4面を掲載) 

f:id:l-library:20210218113154p:plainf:id:l-library:20210218113306p:plainf:id:l-library:20210218113324p:plainf:id:l-library:20210218113341p:plain

 具体的な職場新聞の体裁は、B4判縦型、手書き謄写版による2面または4面の表裏印刷であった。職場にもよるが、概ね1カ月に一度の発行で、1・2面に職場についての要求や各担当間での苦情や要望、3・4面など後ろの面には、詩や生活雑感などが掲載される傾向にあった。

 彦根支部では、らくがき運動、職場新聞の発行を通じ、職場単位の要求闘争が盛んになり、1956年12月、支部執行委員会が、職場闘争委員会体制を採用し、団体交渉権と妥結権を職場に委譲することとなった。翌年4~5月には9職場が合計11回の職場要求の申し入れと団体交渉を行っている*1

 一方、1957年頃から表面化した近江絹糸の経営合理化、再建を巡る方針の違いから、近江絹糸労組は分裂した。翌年3月、再統一したものの、辻氏をはじめ、反主流派の活動家が多くかかわっていた職場闘争は消滅し、職場新聞のほとんども廃刊となった。

(下久保恵子 エル・ライブラリー特別研究員)

 

 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

*1:職場闘争組織の変遷については、島西智輝・下久保恵子・谷合佳代子・梅崎修・南雲智映「1950年代日本の労働運動における文化活動と職場闘争―人権争議後の近江絹糸紡績労働組合の事例-」(『香川大学経済論叢』第87巻第1・2号,2014)91頁参照。

新着雑誌です(2021.2.18)

今週の新着雑誌です。

新着雑誌のうち最新のものは貸出できません。閲覧のみです。

労政時報 4008号 2021.2.12 (201388519)

労務事情 No1420 2021.2.15 (201388634)

月刊人事マネジメント 362号 2021.2.5 (201388576)

労働判例 No1233 2021.2.15 (201388667)

労働法学研究会報 No2734 2021.2.1 (201388683)

労働法学研究会報 No2735 2021.2.15 (201388717)

労働経済判例速報 2434号 2021.2.10 (201388543)

賃金と社会保障 1771号 2021.2.10 (201388600)

 

詳細な目次はこちら

続きを読む

第1回フォーラム 「21世紀の大阪を読み解く ―『大阪社会労働運動史』最終巻刊行に向けて―」

日時:2021年3月27日(土)14時~16時30分

開催方法:オンライン(ZOOM) 

開催趣旨:

 1986年の第1巻刊行以来40年をかけて編纂し続けている『大阪社会労働運動史』は、いよいよ第10巻を以て最終巻となります。2024年3月の刊行を目指して、6名の編集委員を含む60名近い執筆者が2018年12月から研究・編纂を開始しました。

 明治時代以降の大阪の経済・社会・労働運動の変化を追い続け、後世に残る歴史書として編纂した本シリーズは、9巻までで総ページ数9000を超える大部なものとなりました。第10巻では、21世紀の大阪を同時代史としてとらえていきます。最終巻でもあり、これまでの総括としての近現代大阪史を概観する章も設ける予定です。

 今回のフォーラムでは、基調講演によって大阪の戦後経済史を振り返り、その特質を明らかにします。その後、6人の編集委員が第10巻のねらいについて語ります。

 

【次第】(予定)

14:00 開会

14:03 主催者挨拶 公益財団法人大阪社会運動協会理事長 田中宏和

14:05 基調講演 沢井実「戦後大阪経済史点描―復興・特需、高度成長、そして大阪万博後の半世紀―」

14:55 質疑応答

15:05 休憩

15:10 討論 編集委員6名『大阪社会労働運動史』各章のねらい(各章7分)

 質疑応答

16:20 まとめ

16:30 終了

 

 参加申し込み:専用フォームからお申込みください。

       参加者には開催2日前にZOOM情報をお知らせします。

締め切り:2021年3月20日

定員:100名(定員になり次第締め切ります)

参加費:無料

主催:公益財団法人大阪社会運動協会

お問合せ:https://shaunkyo.jp/contact/

チラシダウンロード:https://shaunkyo.jp/files/flyer_forum1_20210327.pdf

  編集委員と担当章 

タイトル

担当編集委員

所属/肩書

第1章

経済・経営の動向

沢井 実

南山大学大阪大学名誉教授)

第2章

産業技術と職場の変化

廣田 義人

大阪工業大学

第3章

雇用労働をめぐる諸相

久本 憲夫

京都大学

第4章

労働運動

山田 和代

滋賀大学

第5章

労働・福祉政策

玉井 金五

愛知学院大学大阪市立大学名誉教授)

第6章

社会運動

伊田 久美子

大阪府立大学名誉教授

 

3月13日までの運営状況について

 2021年1月13日に大阪府全域に発出された「緊急事態宣言」が3月7日まで延長されました。これに基づき、また、ご利用者とスタッフの安全のために、3月13日(土)まで以下のように運営いたします。

 なにとぞご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

(1)金曜日の夜間開館を休止します。

(2)バザー・古本市を休止します。

(3)ご来館前にできるだけご予約ください。

※なお、上記とは関係なく臨時休館日とする場合がありますので、エル・ライブラリー

トップページ下部に掲載している開館カレンダーをご確認ください。

 また、当館ご利用の皆様にできるかぎり外出を控えていただけるよう、コロナ禍対策として以下のサービスを期間限定で行います。

【3月13日までの期間限定サービス】郵送貸出は送料無料、複写物も送料無料

1.図書・雑誌・DVDの郵送貸し出しの送料を先着8名様まで無料とします。資料を借りられるのはサポート会員様のみです。
 ※貸出できない資料もあります。詳細はお問合せ - エル・ライブラリーのページからお尋ねください。 
2.雑誌記事のコピーなど複写物の送料を無料とします。非会員にも適用します。
 郵送複写料金は平常通り、1枚20円(非会員50円)です。