エル・ライブラリー(大阪産業労働資料館)

ブログ記事の引用転載を希望される方は、https://l-library.hatenablog.com/about をご確認ください

「毎日新聞」の山崎豊子特集に情報提供しました

 「毎日新聞」デジタル版6月22日付(紙面版7月19日)に掲載された記事の中で当館のレファレンスに言及していただきましたので、遅ればせながら紹介いたします。

 この記事は、『白い巨塔』『大地の子』などの小説で知られる山崎豊子生誕百年を期して、彼女が毎日新聞大阪本社の記者であった縁から始まった連載の中の一つです。山崎豊子が記者時代に書いた、「終戦後の紡績工場の実態を調べた“昭和女工哀史”」の記事を探しあぐねて苦労された石川将来記者が、当館にレファレンス依頼の連絡を寄こされたのでした。

mainichi.jp

 当館では明治時代から昭和戦前期にかけての「大阪毎日新聞」記事索引を作成してインターネット公開しています(戦後の分はデジタル化せず)が、残念ながら戦後すぐの当該記事が見つかりません。そこで、どうすれば探せるか、見つかる可能性のある他館の情報を当館館長補佐千本沢子がお知らせしました。これをレフェラルサービスといい、図書館の調査業務(レファレンス業務)の中の重要な一つです。

 石川記者が山崎豊子の記事を見つけるまでどれだけ苦労されたか、その足跡がわかるのが ↑ のリンク先の記事です(有料記事)。調査報道に力量を見せた山崎豊子の後輩である石川記者も根気の要る調査を完遂されました。記者魂ここにあり、ですね。少しでも役に立てたことが嬉しいです。(館長・谷合佳代子)

新着雑誌です(2024.7.18)

今週の新着雑誌です。

新着雑誌のうち最新のものは貸出できません。閲覧のみです。

賃金事情 No2896 2024.7.20 (201462686)

労務事情 No1496 2024.7.15 (201462652)

月刊人事マネジメント 403号 2024.7.5 (201459526)

月刊人事マネジメント 404号 2024.8.5 (201462660)

労働判例 No1309 2024.7.15 (201462710)

季刊労働法 285号 2024.6.15 (201462694)

 

詳細な目次はこちら

続きを読む

追撃 自民党大軍拡・腐敗政治 政権交代のために

五十嵐 仁 『追撃 自民党大軍拡・腐敗政治 政権交代のために』(学習の友社/2024年5月  四六判 132頁) 

https://img.hanmoto.com/bd/img/9784761707507_200.jpg?lastupdated=2024-05-24T00%3A00%3A00%2B09%3A00#

 五十嵐仁(いがらし じん。法政大学名誉教授、大原社会問題研究所名誉研究員/専門分野は政治学、労働問題)による、学習の友社からの単著はこれが5冊目である。

 著者の「やむにやまれぬ危機感」を伝えるために「あとがき」を引用する。

~ やむにやまれぬ危機感に駆られて本書を執筆しました。戦争準備は戦争を引き寄せてしまうのではないか。軍拡のための大増税によって生活はぶっ壊されてしまうのではないか。政治が食い物となって自民党の蓄財に利用され、人権が軽んじられる醜い国になってしまうのではないか。そうであってはならないとの気持ちから、思いのたけを書き綴ったのが本書です。本書は私の叫び声だったのかもしれません。それだけに、覚悟を決めて書きました。金権腐敗政治にどっぷりとつかり、統一協会と癒着して堕落し続けながら、その背後で戦争への準備と大軍拡を着々と進めている自民党政治への怒りをバネにしながら。

このような私の危機感と怒りを共有し、そこから抜け出すために力を合わせようではないかと、皆さんに訴えたいと思います。今度こそ、市民と野党の共闘によって自民党政治に代わる新しい政権を実現したい。これこそが、本書を書いた最大の動機であり目的なのですから。~

 構成・目次は以下の通りである。

序章 自民党がぶっ壊してきた日本の惨状
第一部 安保3文書と大軍拡・大増税
改憲・大軍拡を阻止し9条を守り活かすために 大軍拡・大増税による戦争への道を阻止するために
「新たな戦前」を避けるために―敵基地攻撃論の詭弁と危険性
敵基地攻撃能力は日本に何をもたらすか―岸田政権の狙いを暴く
第二部 裏金事件と岸田政権の迷走
岸田政権を覆う統一協会の闇
現代史のなかでの岸田政権をどう見るか
岸田政権の混迷と迷走
裏金事件があぶり出した自民党の腐敗と劣化―表紙を変えて延命させてはならない
自民党政治の混迷と野党共闘の課題―受け皿を作って政権交代を
終章 「新しい政治」への挑戦―どうしたら良いのか、どうすべきなのか

あとがき

 著者の「危機感」と「熱意」がひしひしと伝わるが、各章における検証は、政治学者としての緻密でリアルな分析がなされている。

 ベトナム戦争とイラク戦争時の自衛隊派兵において、憲法9条の果たした役割(=戦争加担への防波堤と自衛隊員を戦火から守るバリアー)の立証は、改憲によって「失われるものの大きさ」へのリアルな理解を深めることができる。

 岸田政権の軍拡政策は、安倍政権の延長路線に留まらず、「専守防衛」を超える「敵基地攻撃能力」は、「戦後安保政策の大転換」を意味しているというのが本書の警鐘である。

 また、「諸悪の根源は小選挙区制にあり」も、所与の制度と諦めている風潮に対して、小選挙区制が4割台の得票率で7割台の議席をもたらし独裁体制を築く制度であることを著者は、一貫して主張してきたし、著作も多い。

 本書の結論はこのような「危機的状況」を打破する道は、市民と立憲野党の共闘を職場・地域から築くことであり、2024年を「あのとき日本は変わった」という年にしようという提唱である。(伍賀 偕子)

新着雑誌です(2024.7.8)

今週の新着雑誌です。

新着雑誌のうち最新のものは貸出できません。閲覧のみです。

労政時報 4078号 2024.6.14 (201459468)

労政時報 4079号 2024.6.28 (201459492)

賃金事情 No2895 2024.7.5 (201459377)

労務事情 No1495 2024.7.1 (201459435)

企業と人材 No1137 2024.7.5 (201459310)

人事の地図 No1258 2024.7.1 (201459344)

労働判例 No1308 2024.7.1 (201459401)

 

詳細な目次はこちら

続きを読む

「所蔵情報」ご確認のお願い

いつもエル・ライブラリーをご利用いただきましてありがとうございます。
蔵書検索についてのお願いです。

大阪産業労働資料館(エル・ライブラリー)OPAC 蔵書検索

 

当館の資料を検索していただく際には詳細情報ページの「所蔵情報」のご確認をお願いします。
「所蔵情報0件」の表示の資料は所蔵がありません。

下図をご参照ください。

 

 

現在、当館では資料を保管している書庫の一部の閉鎖に伴い、大規模な除籍作業を行っているところです。

データがまだ処理中のため、蔵書検索ですでに存在しない書籍の書誌情報がヒットしてくる状態にあります。恐れ入りますが、蔵書検索の際は「詳細情報」ページを開けて所蔵の有無をご確認くださいますよう、お願いいたします。

順次データを処理してまいりますので、当分ご不便をおかけいたしますがなにとぞご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

なお、除籍した資料につきましては諸機関にご協力いただき、図書館・研究機関などに移管を進めております。

新着雑誌です(2024.6.27)

今週の新着雑誌です。

新着雑誌のうち、最新のものは貸出できません。閲覧のみです。

賃金事情 No2893 2024.6.5 (201459369)

賃金事情 No2894 2024.6.20 (201459336)

労務事情 No1493 2024.6.1 (201459450)

労務事情 No1494 2024.6.15 (201459484)

企業と人材 No1136 2024.6.5 (201459393)

人事の地図 No1257 2024.6.1 (201459427)

労働判例 No1307 2024.6.15 (201459518)

 

詳細な目次はこちら

続きを読む

『大阪社会労働運動史』第10巻出版記念会

 当法人が40年以上かけて編纂を続けてきた『大阪社会労働運動史』のシリーズがついに完結しました。最終巻となる第10巻を7月10日に発行します。
 これを記念して、以下のイベントをオンラインにて開催します。
 みなさまのご参加をお待ちしております。

◆記念会概要
日時:2024年7月13日(土)13:30~15:00
開催方法:会場とオンライン(ZOOM)
内容:来賓あいさつ
   編集委員(6名)のスピーチ
   オンラインからの発言 ほか
◆申し込み:一般のご参加はオンラインにて承ります。下記フォームからお申込みください。

7/13(土)『大阪社会労働運動史』第10巻出版記念会オンライン参加申し込み

◆〆切:2024年7月11日(木)
◆『大阪社会労働運動史』第10巻の概要
本文977頁、索引あり
構成:序 章 近現代大阪の一五〇年
  第一章 経済・経営の動向
  第二章 産業技術と職場の変化
  第三章 雇用労働をめぐる諸相
  第四章 労働運動
  第五章 労働福祉
  第六章 社会運動
  索引
発行:公益財団法人 大阪社会運動協会
発売:耕文社
定価:33,000円(税込)