エル・ライブラリー(大阪産業労働資料館)

休館日カレンダーや利用案内、地図は公式サイトをご覧ください。

開催します! 第2回フォーラム「21世紀の⼤阪を読み解く ―『⼤阪社会労働運動史』最終巻刊⾏に向けて」―

 

⽇時:2021年9⽉19⽇(日)14時〜16時45分

開催⽅法:オンライン(ZOOM)

開催趣旨:

 1981年に編纂を開始した『⼤阪社会労働運動史』は、2024年3月刊行予定の第10巻を以て最終巻となります。記述対象は原則として2000年以降で、21世紀初頭の大阪の記録を歴史として後世に伝えるべく、60名の執筆者が2019年度から6班(6章)に分かれて研究会を開いています。

 今回のフォーラムでは、各班が行っている非公開の研究会を4班合同かつ公開で行います。各班(章)の執筆者が報告を行い、編集委員がコメントを述べます。一般参加者からの質問も受け付けますので、奮ってご参加ください。

 

◆次第(予定)

14:00 開会

14:05 第1章「経済・経営の動向」より第2節「商業」

    報告:藤岡里圭(関西大学

    コメント:沢井実(南山大学

14:35 第2章「産業技術と職場の変化」より第3節「繊維」

    報告:小野弘顕(大阪産業経済リサーチ&デザインセンター)

    コメント:廣田義人(大阪工業大学

15:05 休憩

15:15 質疑応答

15:30 第3章「雇用労働をめぐる諸相」より第5節「雇用形態の多様化」

    報告: 西村健松山大学

    コメント:久本憲夫(京都橘大学

16:00 第4章「労働運動」より第8節「高齢社会の労働運動」

    報告:森詩恵(大阪経済大学

    コメント:山田和代(滋賀大学

16:30 質疑応答

16:45 終了

 

定員:100名(定員になり次第締め切ります)

参加費:無料

参加申し込み:専⽤フォームからお申込みください。開催2⽇前にZOOM情報をお知らせします。

申し込み締め切り:2021年9月15日

お問合せ:https://shaunkyo.jp/contact

主催:公益財団法⼈⼤阪社会運動協会(エル・ライブラリー)

『釜ヶ崎現場ノート 1975年~2007年』

小柳伸顕(サランベ舎/2021年3月/A5判475頁/私家本)

f:id:l-library:20210724112645j:plain

 本書は、寄せ場釜ヶ崎におけるキリスト者の活動記録と、約30年余の自らの実践を通して問題提起してきたことを、まとめたものである。

 著者小柳伸顕氏は、1937年北海道に生まれ、大学で神学、教育学を学び、釜ヶ崎との関りは、1968~1975年までは大阪市教育委員会嘱託(大阪市立あいりん小中学校ケースワーカー)として、1975~1992年まで関西労働者伝道委員会専任者として、1992年から現在まで釜ヶ崎キリスト教協友会のメンバーとしてである。この「ノート」を非売品として発行したのは、~「人生の店仕舞い」が近づくなか、親しい友人たちに「釜ヶ崎でこんなことを考えていた」と知ってもらうため ~ であると記している。

 本書の舞台は、書名通り大阪西成区釜ヶ崎(行政名「愛燐」)だが、東京の山谷、横浜の寿地区、名古屋の笹島と並ぶ「寄せ場」の典型として、寄せ場日雇労働者の実相と寄せ場が作られる背景がリアルに語られていて、

~ 釜ヶ崎労働者は、戦後一貫して、日本経済の最先端を走らされてきた ~と。

 1903年大阪天王寺公園で第5回内国勧業博覧会が開催されるに際して、明治天皇の通り道からスラム街を撤去するために、日本橋通にあったスラム街長町が、勅令で当時の大阪市外の今宮村釜ヶ崎に移されたのが始まり。大阪大空襲で焼け野原となったが、朝鮮戦争の特需ブームで、港湾荷役が集められ、50年代から60年代にかけてのエネルギー政策と農業政策の転換で、大量の炭鉱失業者と農村の余剰人口が都市労働力として寄せ場流入。1961年8月、第1次釜ヶ崎暴動が起きるが、それは、釜ヶ崎労働者の人権宣言であったと。交通事故の労働者に対する警察や救急隊の非人間的な取り扱いへの抗議が発端だった。高度経済成長期になると、東京オリンピック日本万国博のために、全国各地から日雇労働者寄せ場に集められ、釜ヶ崎は単身日雇労働者の町へと変わっていく。その中で、幾度も労働者の権利を主張する声が暴動の形をとった。ある時は、労働運動を不当に弾圧する警察権力に対して、ある時は日雇労働者を支配してきた暴力団に対して。

 1974年のオイルショックは、協友会の働きを労働者の活動に結び付けた。不況は誰よりもまず釜ヶ崎の労働者を直撃する。その証拠が「行旅死亡人」の数である。

~ キリスト者は、できるだけ労働者の立場にたち、活動しようと志してきた ~

それは、越冬炊き出しであり、野宿者への夜回りであり、医療生活相談等であるが、その過程で接した労働者の生き様は、「戦後民主主義への根本的な問い」であると。労働者の人間としての誇りに触れる著者の視点は、日雇労働の構造や差別・人権無視への指弾として、厳しく終始真摯な本書の基調を貫いている。そして、その真摯な姿勢は、自らも含めてのキリスト者寄せ場における取り組みに対して、「自己変革抜きでの寄せ場との関りは、寄せ場日雇労働者を対象化する―自分たちのための手段にしてしまう」ことへの自己点検として語られる。自己変革とはキリスト者個々人の生き方だけでなく、キリスト教そのものの変革が問われる。~その内容は、カトリックプロテスタントと労働者三者の共闘の中から生まれる~と。

 本書では、キリスト者の取り組みだけでなく、日雇労働当事者の労働運動やその組織化の歩みについても触れられていて、その営みとの共闘を探る著者の姿勢にも接することが出来る。ただ、500頁にも近いこの「ノート」(研究論文ではないと著者は語る)のどこにも見つけられなかったのは、警察権力に守られた行政の「棄民政策」とも言える「釜ヶ崎対策」の業務を担っている職員たちの苦悩や抵抗に著者が接した機会である。自治研活動などを通して、「対策」の根本的な在り方を問い、政策提言などの試みが著者に届いていないのか、実際に語るべき内容が存在しないのか、いささか寂しさを覚えた次第である。

 これは私のつぶやきにすぎず、本書は、今まで無関心でいた人たちにも是非読んでほしい書であり、心が揺さぶられる場面に何度か出会い、自分自身の立ち位置も問われる。(伍賀 偕子 ごか・ともこ)

 

所蔵資料紹介~辻󠄀保治資料(近江絹糸紡績労働組合関係資料)

連載第15回 職場新聞(8)『ラップ』その1 

f:id:l-library:20210720144724p:plain

『ラップ』創刊号1面

 『ラップ』は、綿・スフ紡績混打綿職場の職場新聞で、1956年12月に創刊され、辻資料には、創刊号から最終号の6号(2号欠号)が収められている。綿紡績、スフ紡績の各工程・職場は同一であり、原料別に製造ラインを分け、対応していた。

 混打綿は綿、スフ*1紡績の最初の工程である。原綿を開梱し、必要に応じ、各種の綿を混ぜ、いくつかの機械を配列した生産ライン(「混打綿機」と呼ばれた)に投入する。針付のシリンダー・ローラーやラチス(すのこ状のベルトコンベア)を通過し、突起物のあるビーターで打撃することで、綿の塊を徐々に小さくし、繊維をほぐす(開綿)とともに、短繊維やごみなどを取り除く。最終的に厚さ2,3㎝、幅1~1.2mのシート状にし、筒型に巻き上げる。この巻き上げた状態のものがこの工程の最終製品で、「ラップ」と呼ばれた。職場新聞のタイトルはここからとられている。

 綿の場合は、ボックス型の「ホッパー」と呼ばれる機械に原料を投入し、ダクトを通って、混打綿機まで運ばれる。混打綿機1台、出来上がったラップの厚みを再度整えるための機械2台を2,3人で受け持った。

f:id:l-library:20210720145045p:plain

ラップマシン(朝倉克巳氏提供、近江絹糸彦根工場、1955~1957年頃)

f:id:l-library:20210720145136p:plain

混打綿機(スフ用)。手前はクリーパーラチス(朝倉克巳氏提供、近江絹糸彦根工場、1955~1957年頃)

スフの場合は、混打綿機の手前にあるコンベア状のクリーパーラチスに直接、原綿を乗せた。機械は4台で各台1人ずつが担当した。原綿を乗せるのも出口でラップに巻き上げて片づけるのも、この台付労働者1人が行った。綿をのせてから出口でラップとなるまで約10分、出口で手間取ると、綿が途切れ、不良品となってしまうため、時間に追われる仕事だった。以下はスフ綿の台付労働者が書いたと思われる記事である。現場の様子がよく分かる。

人よこせ

 台を廻せど廻せどラップはおわれる どうも小便袋が一杯になってきたらしい

 生理的現象とあらば仕方のないこと。台を見てくれる人が居ないかと、あたりをキョロキョロした。誰もいない

唯見えるのはニガ虫をかんだような顔して台を廻している人だけ。

“エイッ”仕方がない

台をとめてWCに走る

七八分かかっただろうか?ともかくさっぱりした気持で帰って来ると、どこから現れたのか主任さんが台を廻している、しかも後の方がマイナスのパー*2

である。あわてた様に主任さんはマイナスの方にグイグイと調子を取ってサーと行ってしまう。主任さんに云わせればおわれているからと云う、そう云われればそれまでだが、その気持はわかるが、前にのべた様な廻し方では不正を取る*3ためと同じであり、台を見てくれる人が居なければとめて行くより方法がない、ましてこれから、暑くなれば水も飲みたいしもう少し理解してほしい。」『ラップ』№5 2面

 ※混打綿職場の工程等については、当時、同職場で働いていた白石道夫さんにご教示を得た。感謝いたします。

(下久保 恵子 エル・ライブラリー特別研究員)

 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

*1:化学繊維の綿であるステープル・ファイバーのこと

*2:後の方で綿が途切れ、出口の秤で量った時に規定量より少ない不良品となってしまったということ

*3:台付の責任としてしまうこと。綿が途切れた場合は機械を止めて交換すればよいのに、それをしないため

新着雑誌です(2021.7.8)

今週の新着雑誌です。

新着雑誌のうち最新のものは貸出できません。閲覧のみです。

労政時報 4017号 2021.7.9 (201406758)

賃金事情 No2829 2021.7.5 (201406949)

労務事情 No1429 2021.7.1 (201406774)

人事実務 No1222 2021.7.1 (201406808)

企業と人材 No1101 2021.7.5 (201406832)

月刊人事マネジメント 367号 2021.7.5 (201406899)

労働判例 No1242 2021.7.1 (201406741)

労働経済判例速報 2447号 2021.6.30 (201406865)

月刊人事労務 387号 2021.4.25 (201406923)

月刊人事労務 388号 2021.5.25 (201406956)

 

詳細な目次はこちら

続きを読む

『労働者と公害・環境問題』

法政大学大原社会問題研究所/鈴木 玲 編著(法政大学出版局/2021/A5判286頁)

 f:id:l-library:20210630121929p:plain

 本書は、法政大学大原社会問題研究所主催の「環境・労働問題研究会」(代表: 鈴木玲)が2014年11月より2020年10月までの24回の研究会を経て、そのメンバー7名により、執筆された。「これまで別々に議論されてきた『労働』と『環境』(公害)の問題の結びつきを、学際的に論議・学習することを目指して」研究・討議が重ねられた成果である。

 いささか長い引用になるが、テーマや論点が多岐にわたっているので、目次の紹介が

一番読みたくなる、関心を呼ぶのではないかと思って、そのまま紹介する。

 はじめに(鈴木玲)

第1部 環境運動、住民運動との接点

第1章「問うこと」から「応答すること」へ ―労働運動はいかにして合成洗剤問題に関与したか / 大門信也

第2章 住民運動としての公害反対運動と労働運動 ―公害防止倉敷市民協議会と水島地区労を事例として / 江頭説子 

第2部 職場環境と職業病への取り組み

第3章 日本の労働組合の職業病・職業がん問題への取り組み ―3つの職業病闘争の事例に基づいた考察 / 鈴木玲

第4章 韓国ハイテク産業における職業病と労働者の健康をめぐる社会運動 ―「半導体労働者の健康と人権を守る会(パノリム)」の取り組みを中心に  / 金美珍

第5章 労働運動の職場環境への取り組みとその限界 ―労働環境主義を志向した北米の労働組合の事例に基づいて / 鈴木玲

第3部 政治・政策アリーナにおける対応

第6章 政党はどのような公害観を持っていたか ―55年体制から1970年代初頭までを対象として / 友澤悠季

第7章 1970年代における自動車排気ガス規制の再検討 ―雇用喪失をめぐる議論をてがかりに / 喜多川進

第8章 労働組合運動と原子力発電 ―豪州のウラン採掘・輸出と労働組合の対応 /        長峰登記夫 

 各章の展開の紹介は省くが、研究会の共通認識として、環境社会学者の飯島伸子の「公害、労災、薬害は、いずれも主たる加害源を企業とする社会的災害である」の影響を受けたと、編者が述べている。~しかし、労働問題の領域にある労働災害職業病(労災職業病)と環境問題の領域にある公害や環境汚染の関係性を対象とする研究は、1980年代後半以降の日本における社会学研究では発展しなかった~と。~労働問題と環境問題の領域の研究上の結びつきが弱まり「ミッシング・リンク」が生まれた~と。本書は、~労働問題と環境問題の「ミッシング・リンク」を、各執筆者それぞれがもつ問題意識と分析視覚から、結びなおす試みである~と。

 5つの章(1章、2章、3章、5章、6章、7章)において、日本の労働運動、企業内組合が、公害・環境問題にどう取り組んだのか、どう住民・市民運動との連携をめざしたのかの記録と検証がなされていて、興味深い。書名にあるように、「労働者」=労働組合・労働運動が、企業内の組合員の権利と利益擁護を追求するにとどまらず、広く市民的・社会的立場に立って共通課題を追求する「社会運動ユニオズム」に通じる姿勢と実践過程は、社会労働運動史においても、貴重な研究考察だと思う。

 3つの章(4章、5章、8章)は海外(韓国、北米、オーストラリア)の実例であるが、字数の制限だけでなく、学ぶべき内容を伝える力量が私にはないので、省略する。

 一言だけ第1章に関わって付言すると、1970年代の合成洗剤追放・石けん運動に労働運動がどう主体的に関与したのかがテーマだが、資料の掘り起こしにエル・ライブラリーを訪ねられた執筆者が、40年前にしたためた私のつぶやきに近いような文章(『市政研究』第54号、1982年)に出会い、基調を構成する梃として引用されており、いささか恥かしいが、エル・ライブラリーを通した出会いとして、紹介させていただきたい。(伍賀 偕子 ごか・ともこ)

所蔵資料紹介~辻󠄀保治資料(近江絹糸紡績労働組合関係資料)

連載第14回 職場新聞(7)『ほのお』その2  

 1956年、会社より組合に、出勤率の低下と生理休暇乱用者がある事について申し入れがあった。これを受けて、組合と会社で生理休暇の届出を工務室へ持って行くよう協定がなされた。各職場新聞には、この取扱いそのもの、また、このことが職場会に下ろされなかったことについて不満の記事が掲載されている。中でも『ほのお』№5(1956年8月1日発行)、『蛹粉の中で』№5(1956年7月15日発行)に関係記事が多い。

「生休の届出変更で私の顔は赤くなった

  生理休暇の取あつかいについて、一言述べさせていただきます。先日より出来た会社の言分に、私はどういって良いものか分らなかった。とは私たちに苦しいおしつけを、自分たちの力でなぜ、てっかいできなかっただろうか・・・今までは単なる事でも職場討議を行い、集約の結果、組合のそしきに実力を出したものです。

なぜこのように出来なかったのだろうか・・・組合の幹部の人達も皆んなの声を信用すべきだと思います。

私はこのようになってから休暇をとりましたが、用紙をもらって工ム室まで印をもらいに行かなくてはと考えたら・・・でも体はえらくて、出勤できず、休暇をとりに印をもらいにいけば、主任が工ム室にならんでいる。時には、ひやかす人もいます。私の顔は眞赤になった。こうした休暇をとるよりも、いっそうのこと欠勤しようかしら、とも考える。(後略)」

f:id:l-library:20210629120013p:plain

  写真「ほのお」№5 1面

 

 一方生理休暇の悪用について指摘する記事もある。

「今迄の生休を反省しよう

 届出を工ム室迄持って行かなくてはいけないなんていやだわ!!恥かしいーと云う声を耳にします、この様にしたのは誰かしら?誰でもないはずよ!!私達女子従業員自からの手でやったのと違う?生理日でもないのに今日は生理だと平気な顔して休んでいるんだもの有給もなくなったしつかれて仕事も出来そうにないから今日は生休とろうと云って休んだ人も私は知っている(後略)」『蛹粉の中で』№5 1面より

 職場新聞には、有給休暇が希望どおりにとれない実情を訴える記事もあり、生理休暇の運用には、このような背景もあったと思われる。

 この取扱いへの女性労働者の反対の声は大きく、再度の会社と組合との交渉により、最終的には、下記のように決着した。(『第三回支部大会報告書及議案書』より)

  • 初日は本人が主任(注)に届出る。
  • 二日目は友人に届出を依頼する。
  • 通勤者は当日友人に届出を依頼するか又は后日本人が主任に届出る。
  • 届出時間は、先番 C番 午前九時迄 后番は 午后二時三十分まで。
  • 届出場所は各職場毎に決める。
  • 実施期日は九月十七日より。

 

(注)主任はABC各番に配置される現場の管理職。

   

(下久保 恵子 エル・ライブラリー特別研究員)

 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

新着雑誌です(2021.6.25)

今週の新着雑誌です。

新着雑誌のうち最新のものは貸出できません。閲覧のみです。

労政時報 4016号 2021.6.25 (201406600)

労働経済判例速報 2446号 2021.6.20 (201406576)

労働法学研究会報 No2743 2021.6.15 (201406733)

労働基準広報 No2066 2021.6.11 (201406634)

労働基準広報 No2067 2021.6.21 (201406667)

労働基準広報 No2068 2021.7.1 (201406691)

POSSE Vol47 2021.3.31 (201406725)

賃金と社会保障 1779号 2021.6.10 (201406766)

賃金と社会保障 1780号 2021.6.25 (201406790)

地域と労働運動 250 2021.6.25 (201406824)

企業実務 No841 2021.4.25 (201406857)

企業実務 No842 2021.5.25 (201406881)

企業実務 No843 2021.6.25 (201406915)

 

詳細な目次はこちら

続きを読む