エル・ライブラリー(大阪産業労働資料館)

休館日カレンダーや利用案内、地図は公式サイトをご覧ください。

「どっこいショ」と時代を映る

 1984年に神戸で生まれた「映画製作委員会」の歩みをまとめたドキュメンタリーを、本作の脚本・構成を担当された三木啓子さん(アトリエエム株式会社代表)から頂戴しました。

 映画ファンを自認する谷合なのに、映画製作委員会のメンバーである鵜久森典妙、保木政男、高橋一郎という3人の名前を恥ずかしながら知りませんでした。しかし、本作で次々と紹介されていく作品を見て、「あ、知ってる、知ってる」というものがいくつか。特に「24000年の方舟」、「奇妙な出来事アトピー」は見覚えがありました。

 1948年から53年にかけて生まれ、神戸の映画業界にゆかりのあった3人が出会い、製作したドキュメンタリーの数々はいずれも「作品の根底には常に「命・人権・環境」という大事なテーマがあり」ました(DVDジャケットより)。

 この「どっこいショ」では、3人が作った作品を紹介しつつ、周囲の人々のインタビューを交えて、3人が何を求めて活動してきたのかを振り返ります。最初の作品の「24000年の~」はプルトニウム半減期を示します。この作品は核廃棄物問題を追及したものでした。

 往時の3人の肉声が流れるシーンもあり、晩年の白髪になってからの3人の写真と比べ、歳月の流れに感興をそそられます。2011年に保木が、2021年に高橋と鵜久森が相次いで亡くなり、「彼らの遺志を受け継ぎ、どのように後世に伝え続けていくのかが私たちに問われています」という思いから本作は製作されました(DVDジャケットより)。

 映画の中で、「とにかく書けば記録は残る」という言葉が登場します。同じように、「とにかく撮れば記録は残る」ともいえるでしょう。文字でも映像でも記録を残し続けていけば、後世の人々がそれを過去の教訓として、また未来への希望として受け止めてくれるのでは、としみじみ感じました。わたし自身がアーカイブズ機関の人間として、記録を残し次世代へと伝える続けることを使命とする思いを新たにした一作でした。

 本作はサポート会員には貸出可能です。郵送貸出もできます(送料は利用者負担)。(谷合佳代子)

「どっこいショ」と時代を映(み)る

語り 小倉啓子
撮影・編集 鵣飼道行
脚本・構成 三木啓子
製作 映画製作委員会

2022年 40分 非売品

◆映画製作委員会の主な作品リスト◆
1984年 おおきなおいも(提供:灘神戸生協)
1986年 24000年の方舟 
1991年 奇妙な出来事アトピー ◆日本記録映画作家協会賞
1995年 子ども達やお年寄りに映画を贈ろう(提供:兵庫県映画センター)
1995年 ぷくぷく夢がわいてくる(提供:ぷくぷくの会)
1995年 風ものがたり 食と農と環境 ◆地球環境映像祭環境教育映像賞、日本映画復興奨励賞、
1999年 手術を受けるみなさんへ(提供:神戸市立中央市民病院)
2000年 秘密基地・榎忠の仕事場
2000年 アウンセシア(提供:東仲一矩カンパニー)
2000年 李庚、マーラーを描く(提供:実行委員会)
2000年 李庚・馬羅 大地之歌(提供:実行委員会)
2001年 こどもビデオコンテスト(提供:NPO神戸100年映画祭)
2001年 ひまわりコンサート(提供:茅野幸子音楽教室
2002年 きみがたいせつ 子どもオンブズパーソンからのメッセージ(提供:川西市
2003年   CONNECTION
2003年 LOVE
2003年 子どもの権利条約フォーラム(提供:川西市
2004年 紙しばいがはじまるよ!
2005年 榎忠L.S.D.F
2005年 あなたの入れ歯はしっかり噛めますか(提供:入れ歯講演会事務局)
2005年 大阪農塾 農・その本質を見つめる
2005年 高校生に語る有機農業
2006年 神戸マネースクール(提供:プラウドカンパニー)
2006年 かちくぼくさつどういちょういんほう
2006年 フランドン農学校の尾崎さん ※
2006年 千里金蘭大学児童学科(提供:千里金蘭大学児童学科)
2008年 パワーハラスメント そのときあなたは…(提供:アトリエエム)
2009~2012年 三木啓子のハラスメント相談員セミナー VOL.1-VOL.5
2012年 もういいかい ハンセン病と三つの法律 ※
2015年 セクハラ・パワハラ その現状と防止対策(提供:アトリエエム)
2016年 最後の活動弁士 井上陽一の世界 ※
2016年 ハンセン病後遺症とは ~適切な医療・介護を提供するために~(提供:ふれあい福祉協会)
2017年 家族・親族への思い ~ハンセン病回復者からのメッセージ~(提供:ハンセン病回復者支援センター)
2018年 国及び地方公共団体の責務とは ~らい予防法と無らい県運動~(提供:ふれあい福祉協会)
2019年 ハンセン病療養所で受けた私の被害 断種・堕胎(提供:ハンセン病回復者支援センター)
2020年 大きな一歩へ!!ハンセン病家族の今(提供:ハンセン病回復者支援センター)
2020年 考えよう!ハラスメント VOL.1~VOL.5(提供:アトリエエム) 
2021年 私の体験 ~ハンセン病療養所退所者の証言~ N0.1~9
2021年 一人になる 医師小笠原登とハンセン病強制隔離政策 ※(提供:「一人になる」制作実行委員会)

 ※印は劇場公開作

 

 

新着雑誌です(2022.8.5)

今週の新着雑誌です。

新着雑誌のうち最新のものは貸出できません。閲覧のみです。

企業と人材 No1114 2022.8.5 (201425048)

人事実務 No1235 2022.8.1 (201425071)

労働経済判例速報 2484号 2022.7.30 (201425105)

労働基準広報 No2099 2022.5.21 (201425394)

賃金と社会保障 1806号 2022.7.25 (201425162)

 

詳細な目次はこちら

続きを読む

第3回フォーラム「21世紀の⼤阪を読み解く ―『⼤阪社会労働運動史』最終巻刊⾏に向けて―」開催のお知らせ

⽇時:2022年10⽉2⽇(日)14時〜16時45分

開催⽅法:オンライン(ZOOM)

開催趣旨:

 1981年に編纂を開始した『⼤阪社会労働運動史』は、2024年3月刊行予定の第10巻を以て最終巻となります。記述対象は原則として2000年以降で、21世紀初頭の大阪の記録を歴史として後世に伝えるべく、60名の執筆者が2019年度から6班(6章)に分かれて研究会を開いています。

 今回のフォーラムでは、第2回に引き続き、各班が行っている非公開の研究会を4班合同かつ公開で行います。各班(章)の執筆者が報告を行い、編集委員がコメントを述べます。一般参加者からの質問も受け付けますので、奮ってご参加ください。

◆次第(予定)

14:00 開会

14:05 第5章「労働福祉」

     第2節「各種雇用サポートセンター」と第3節「民間就労支援団体」より

    「就労支援事業と民間支援団体」

    報告:櫻井純理(立命館大学

    コメント:玉井金五(大阪市立大学名誉教授)

14:35 第6章「社会運動」より第5節「2000年代の政治課題」

    「(2)知る権利 制度の確立を目指して。そして形骸化に抗して」

    報告:末田一秀(元自治労大阪府職総務支部役員)

    コメント:伊田久美子(大阪府立大学名誉教授)

15:05 質疑応答

15:15 休憩

15:30 第1章「経済・経営の動向」より第4節「金融」
               「2000年以降の大阪の金融」

    報告:今城徹(阪南大学

    コメント:沢井実(南山大学

16:00 第2章「産業技術と職場の変化」より第5節「中小企業(製造業)」

    「① デジタルものづくりの普及と業務の変化」
    報告:松下 隆(大阪産業経済リサーチ&デザインセンター)

    コメント:廣田義人(大阪工業大学

16:30 質疑応答

16:45 終了

定員:100名(定員になり次第締め切ります)

参加費:無料

参加申し込み:専用フォームからお申込みください。開催3~7日前にZOOM情報をお知らせします。

申し込み締め切り:2022年9月29日

お問合せ:https://shaunkyo.jp/contact

主催:公益財団法⼈⼤阪社会運動協会(エル・ライブラリー)

新着雑誌です(2022.7.27)

今週の新着雑誌です。

新着雑誌のうち、最新のものは貸出できません。閲覧のみです。

労政時報 4039号 2022.7.22 (201421609)

労務事情 No1452 2022.7.15 (201425030)

賃金事情 No2852 2022.7.20 (201425063)

労働法学研究会報 No2769 2022.7.15 (201424975)

労働判例 No1265 2022.7.15 (201425006)

賃金と社会保障 1805号 2022.7.10 (201425097)

労働基準広報 No2105 2022.7.1 (201425121)

 

詳細な目次はこちら

続きを読む

当館で実習した学生さんのコメント

 早くも1年近くが経とうとしている、当館初の司書課程実習生受け入れ。昨年9月に同志社大学の学生さん1名に5日間の実習を経験してもらいました。その時の報告が『同志社大学図書館学年報』第47号(2022.3.31)に掲載されています。

 実習生は同志社大学全体で52人、多くが公共図書館へと実習に行っていますが、その中で3人が専門図書館を選んでくれました。他の大きな公共図書館での実習内容をみると、さすがと思わせる課題提供と実習計画が組まれており、当館にとっても参考になるやらならないやら(汗)。都道府県立図書館や大阪市立中央図書館のような大規模図書館と当館はまったく規模や主題・運営方法が異なるため、実習生にとっては新鮮な感動があったと思われますが、その一方で「ふつうの図書館」なら経験できたはずのことを実習してもらえなかったことは申し訳ない気持ちもあります。

 とはいえ、実習生さんは「図書館司書という職業の仕事面、そして専門図書館ならではの業務面という、二つの専門性を強く感じることができた」(p.34)という感想を述べてくれているのが、何よりも嬉しいことです。館長補佐・千本と二人で精いっぱい実習プログラムを考え実行した成果があったかどうか、心もとないところではありますが、わたしたち自身も大いに勉強させてもらえた実習受け入れでした。

 そして今年、2022年9月には再び同志社大学から実習生を迎えます。2年目の今年はどんな実習になるかな、どんな実習プログラムを組もうかと今から緊張しつつも楽しみにしています。

  ↓に、実習生が書いた”寄贈本紹介”と、図書館展示についての記事を貼り付けます。(谷合佳代子) 

l-library.hatenablog.com

 

l-library.hatenablog.com

新着雑誌です(2022.7.20)

今週の新着雑誌です。

新着雑誌のうち最新のものは貸出できません。閲覧のみです。

労政時報 4038号 2022.7.8 (201421658)

賃金事情 No2851 2022.7.5 (201421682)

労務事情 No1451 2022.7.1 (201421740)

企業と人材 No1113 2022.7.5 (201421716)

人事実務 No1234 2022.7.1 (201421773)

ビジネスガイド No922 2022.8.10 (201421781)

月刊人事マネジメント 379号 2022.7.5 (201421849)

労働経済判例速報 2481号 2022.6.30 (201421633)

労働経済判例速報 2482号 2022.7.10 (201421724)

労働判例 No1264 2022.7.1 (201421807)

労働法学研究会報 No2768 2022.7.1 (201421757)

労働基準広報 No2103 2022.7.1 (201421666)

労働基準広報 No2104 2022.7.11 (201421831)

月刊人事労務 No401 2022.6.25 (201421815)

賃金と社会保障 1804号 2022.6.25 (201421542)

地域と労働運動 262 2022.6.25 (201421575)

 

詳細な目次はこちら

続きを読む

「炭都三池が生んだ文化展ー「炭都の暮らしと文化」 昭和の三池・大牟田」はいよいよ7月10日まで

 現在、福岡県大牟田市石炭産業科学館(石炭館)で開催されている ”炭都三池が生んだ文化展ー「炭都の暮らしと文化」 昭和の三池・大牟田”を紹介します。当館と市民実行委員の協働事業で主催した2017年の「炭鉱の記憶と関西 三池炭鉱閉山20年展」(関西大学経済・政治研究所共催)をきっかけに生まれた、「炭都三池文化研究会」が企画されたものです。

 関西での展示のなかでも特に第2会場の「炭都と文化」の展示にインスパイアされて、今回の大牟田市での展示会開催へとこぎつけられました。その関西展の文化展示を担当した鵜飼雅則さんが炭都三池文化研究会の顧問として今回の展示にも大きくかかわっています。

 関西展の実行委員である西牟田真希さんによる、大牟田市石炭館での展示観覧レポートを転載し、鵜飼さん撮影の写真とともに紹介します。

 わたしも見に行きたい―!と言いながら時間調整ができずに、とうとう見に行けない当館館長・谷合の魂の叫びとともにお送りします(以下の写真とキャプションはすべて鵜飼雅則さんの作成提供)。とりわけ、「社宅の暮らし」の一連のパネルは、鵜飼さんが「今回の展示のハイライト」と評価する力作です。

 なお、本展示会は7月10日(日)まで。未見の方はお急ぎください!

貸本と萩尾望都を中心とした大牟田出身者による漫画

炭鉱と美術

社宅の暮らし 「三池炭鉱(関連)社宅史研究会」制作のパネル

市民文化のシンボル 大牟田松屋

 

【展示レポート】

 2022年6月17日(金)、大牟田市石炭産業科学館で開催された「炭都の暮らしと文化ー昭和の三池・大牟田」の展示会を拝見した。
 昨年度はコロナ禍で拝見できず、今年はぜひ拝見したいと思い立っての訪問であった。 2017年の関西展のパネルは一部あるが、それよりも数の多いリニューアル内容に圧倒された。 部門は全部で9つ。「映画監督と大牟田市の映画館」、「昭和の大牟田での上映映画」、「三池炭鉱と文学」、「九州派と西部美術学園」、 「萩尾望都大牟田貸本屋、古本屋」、「貸本屋萩尾望都を中心とした大牟田出身者による漫画」、「社宅の暮らし」、「大牟田の社宅資料ときんこちゃん」、「市民文化のシンボル松屋」である。 2022年度は2021年度よりさらにリニューアルされた。特に社宅分布、古本屋、貸本屋の分布図、「大牟田の社宅資料ときんこちゃん」は、興味深く拝見した。
炭都三池文化研究会、社宅史研究会、鵜飼雅則さんをはじめ、それぞれの総力を結集が存分にうかがえた。

 大牟田市石炭産業科学館(石炭館)は博物館であるので展示の什器が整っているが、展示方法はそれ以外にもメリハリが効いていたものになっていた。
 貴重な資料や、原物はガラスケースで厳重に管理されている一方、パネルや地図などの複製可能なものはそのまま壁掛け、文献資料は自由に興味があれば手に取ることができた。
 これが特徴的で文献資料の前には椅子が置いてあり、しばらく入り浸りで見ていた。関西展も同様の展示方法であった。展示を見つつ、さまざまな関連資料をすぐに手に取れるというのは、内容を深く知る上でたいへん効果的であった。

 また石炭館自体が世界遺産に登録後の拠点のひとつになっている。このため映像技術を駆使した大規模パネル、ビデオ紹介が追加されていた。ぜひ一度、来館されるのをおすすめする。(西牟田真希)