エル・ライブラリー(大阪産業労働資料館)

休館日カレンダーや利用案内、地図は公式サイトをご覧ください。

スタッフコラム

所蔵資料紹介~辻󠄀保治資料(近江絹糸紡績労働組合関係資料)

24. 職場新聞(17)楽しみ 彦根工場は琵琶湖が近かったこともあり、ピクニックの記事が多く見られる。 「楽しかったピクニック みんなで遊びに行った うんと大きいニギリ飯を、たんとこしらえて、イモを二貫も持って……。朝の大雨は、私達のピクニックを祝福…

所蔵資料紹介~辻󠄀保治資料(近江絹糸紡績労働組合関係資料)

23.職場新聞(16)男と女 その3 お互いに意識して、男性と女性がフランクに付き合えない職場もあった。特に男性の「からかい」や性的な目線に、多数派の女性は厳重に抗議している。 「ヒューと云うのはひやかしではない 俺達深夜番(注1)は君達先番(注2)の人…

所蔵資料紹介~辻󠄀保治資料(近江絹糸紡績労働組合関係資料)

22.職場新聞(15)男と女 その2 結婚も当然、みんなの関心事である。 田舎にいるときは考えられなかった、職場での恋愛結婚に憧れる記事も少なくない。 「結婚は彦根で かぼちゃに恋人を‼ 彦根も住めば都さ、私も絹糸に恋人でもいたら、職場結婚するんだけど…

所蔵資料紹介~辻󠄀保治資料(近江絹糸紡績労働組合関係資料)

連載第21回 職場新聞(14)男と女 その1 職場新聞は、ラクガキ帳に自由に書かれた内容を編集したものである。従って、今まで紹介してきたような職場の仕事の様子や労働者としての課題・要求のようなものの他に、日常生活についての、小さな呟きや悩みのよう…

所蔵資料紹介~辻󠄀保治資料(近江絹糸紡績労働組合関係資料)

連載第20回 職場新聞(13)『ぼこぼこ』その2 『ぼこぼこ』には、機械や設備への不満が多い。 「クリヤラー台はごめんだ!! クリヤラには、二度とつきたくない。早くクリヤラーのボロ台をなくしてほしい。クリヤラーの為に、実は毎日泣かされている。今ごろは…

所蔵資料紹介~辻󠄀保治資料(近江絹糸紡績労働組合関係資料)

連載第19回 職場新聞(12)『ぼこぼこ』その1 『ぼこぼこ』創刊号1面 『ぼこぼこ』は、綿・スフ紡績精紡職場の職場新聞で、1956年7月に創刊され、辻資料には、創刊号から10号までが収められている(9号欠号)。 精紡は綿・スフ紡績で前工程で製造された粗紡…

専門図書館交流会の参加記

10月18日(月)にオンラインにて専門図書館協議会主催の「公開専門図書協議会」に参加しましたので、概要を報告します。 これまで、この種の交流会は東西(東京・大阪)で年に1~2回ほど定期的に対面形式で開催されていました。しかし、新型コロナの影響もあ…

大阪社会運動顕彰塔の清掃

清掃作業の前に黙とうを捧げ、顕彰塔の由来について話を聞く 1970年に大阪城公園内に建立された「大阪社会運動顕彰塔」は、戦前・戦後、そして現在に至るまで、大阪の社会運動・労働運動に貢献された方々を顕彰するモニュメントです。昨年、コンクリートの耐…

アーカイブズの公開をめぐる課題について考えるシンポに登壇しました

2021年10月10日(日)に開催された、 公開シンポジウム「市民が作る・市民が使うアーカイブズ——アクセスをめぐる課題」に館長谷合が登壇しました。 このイベントは立教大学共生社会研究センターが主催し、当館などが共催したものです。このブログでもご案内…

所蔵資料紹介~辻󠄀保治資料(近江絹糸紡績労働組合関係資料)

連載第18回 職場新聞(11)『じんし』その2 男子の深夜労働(22時30分~翌朝7時15分)は、人権争議前の1952年、彦根工場仕上.精紡の2つの職場で最初に導入され、綿.スフ紡績の全工程に拡大された。当初は昼番と深夜番の二交替制であったが、翌年には深…

図書館実習生のミニ展示です

エル・ライブラリーではこれまで博物館実習やアーカイブズ実習は受け入れたことがあるのですが、図書館実習は初めてでした。こちらも初体験なら、実習にやってくる学生さんはもちろん初体験。一生に一度しかない学生としての実習体験がエル・ライブラリーみ…

所蔵資料紹介~辻󠄀保治資料(近江絹糸紡績労働組合関係資料)

連載第17回 職場新聞(10)『じんし』その1 『じんし』創刊号1面 『じんし』は、綿・スフ紡績仕上職場の職場新聞で、1956年12月に創刊され、辻資料には、創刊号から7号までが収められている。 仕上は綿・スフ紡績の最終工程で、彦根工場の各職場の内、…

所蔵資料紹介~辻󠄀保治資料(近江絹糸紡績労働組合関係資料)

連載第16回 職場新聞(9)『ラップ』その2 『ラップ』創刊号には職制との軋轢についての生々しい記事が見られる。1号3面には、「M氏ラクガキ帖を破り捨てる」という記事があり、職場に置かれたらくがき帖に、名指しで非難文書が書かれているのを見た職制が…

所蔵資料紹介~辻󠄀保治資料(近江絹糸紡績労働組合関係資料)

連載第15回 職場新聞(8)『ラップ』その1 『ラップ』創刊号1面 『ラップ』は、綿・スフ紡績混打綿職場の職場新聞で、1956年12月に創刊され、辻資料には、創刊号から最終号の6号(2号欠号)が収められている。綿紡績、スフ紡績の各工程・職場は同一であり、…

所蔵資料紹介~辻󠄀保治資料(近江絹糸紡績労働組合関係資料)

連載第14回 職場新聞(7)『ほのお』その2 1956年、会社より組合に、出勤率の低下と生理休暇乱用者がある事について申し入れがあった。これを受けて、組合と会社で生理休暇の届出を工務室へ持って行くよう協定がなされた。各職場新聞には、この取扱いそ…

所蔵資料紹介~辻󠄀保治資料(近江絹糸紡績労働組合関係資料)

連載第13回 職場新聞(6)『ほのお』その1 『ほのお』創刊号1面 『ほのお』は『蛹粉の中で』と並び、最も早い時期に創刊された絹糸紡績ガス焼職場の職場新聞である。1956年2月に創刊され、その後13号までほぼ1ヶ月に1号発行されている。なお、19…

所蔵資料紹介~辻󠄀保治資料(近江絹糸紡績労働組合関係資料)

連載第12回 職場新聞(5)『晒練(せいれん)職場新聞』その2 晒練職場は繭由来の整糸屑等を煮沸・腐化・洗浄するため、悪臭と重労働によって、他職場の労働者からも忌避される「特殊作業場」*1 であった。中でも、洗浄工程は冷水を使用するため、この工程に従…

所蔵資料紹介~辻󠄀保治資料(近江絹糸紡績労働組合関係資料)

連載第11回 職場新聞(4)『晒練(せいれん)職場新聞』その1 『晒練職場新聞』創刊号1面 『晒練職場新聞』は、1956年8月に創刊された晒練職場の職場新聞で、その後、ほぼ1カ月に1号発行され、当資料中には、14号まで存在する(10号は欠号)。 晒練は、絹糸紡…

所蔵資料紹介~辻󠄀保治資料(近江絹糸紡績労働組合関係資料)

連載第10回 職場新聞(3)『蛹(さなぎ)粉(こ)の中で』その2 絹紡製綿職場の主な担当の内、「切綿(せつめん)」「円型(えんけい)」「粕取(かすとり)」は担当の台(機械)を持つため「台付(だいつき)」と呼ばれ、台から離れるのが難しかったので、トイレに行く…

感謝!500回(その3)

当法人の来年度の予算理事会が昨日終了しました。財政規模の小さい当法人でも予算の作成はなかなか手間がかかって―特に公益法人会計の独特さが難しく―解釈について喧々諤々したり、数字のバランスに四苦八苦したりとしておりました。 このような図書館運営以…

所蔵資料紹介~辻󠄀保治資料(近江絹糸紡績労働組合関係資料)

連載第9回 職場新聞(2)『蛹(さなぎ)粉(こ)の中で』その1 『蛹粉の中で』創刊号1面 『蛹粉の中で』は最も早い時期に創刊された製綿(せいめん)職場の職場新聞のひとつである。1956年2月に創刊され、その後、ほぼ1ヶ月に1号発行され、当資料中には15号まで存…

感謝!500回(その2)

エル・ライブラリー(大阪労働産業資料館)の所蔵資料は①労務実務系と②アーカイブズ系の大きくふたつに分けることができ、それぞれ利用者も異なります。 労務実務系(賃金,労働条件,人事管理,労務管理、労働法,労働安全衛生,社会保障、職業訓練)の資料…

感謝!500回(その1)

千本が担当しています「新着雑誌紹介」のブログ記事が500回を超えました。これもエル・ライブラリーを12年4カ月続けてこられたからこそです。皆さまのご支援に深く感謝申し上げます。 労働・労務関係の雑誌の目次をブログに掲載するという作業自体はエル・ラ…

所蔵資料紹介~辻󠄀保治資料(近江絹糸紡績労働組合関係資料)

連載第8回 職場新聞(1) 職場新聞は、近江絹糸紡績各工場の職場単位で刊行されている新聞である。ここで言う「職場」とは、絹糸紡績、綿・スフ紡績等それぞれの製造工程(製綿、精紡など)と対応している。辻資料に含まれている職場新聞は彦根支部のものが…

所蔵資料紹介~辻󠄀保治資料(近江絹糸紡績労働組合関係資料)

連載第7回『団結のために』[1956年] 辻氏は、らくがき運動推進のために「アッピール」の必要性を主張した。当時の近江絹糸紡績では、生産工程ごとに職場の要求や課題が多様なうえ、配置転換もなかった。このため、各職場の要求を支部や組合のものとして全…

所蔵資料紹介~辻󠄀保治資料(近江絹糸紡績労働組合関係資料)

連載第6回『ラクガキ運動のために』 (ラクガキ班編集 彦根支部教文部1956年) らくがき運動を通じ、各職場で大量に出てきた表現物で本に掲載し切れなかったものを職場文集などの発行により、自分たちで発表していこうという試みが出てきた。その中で、らく…

所蔵資料紹介~辻󠄀保治資料(近江絹糸紡績労働組合関係資料)

連載第5回『第一回編集委員会のまとめ』 (近江絹糸紡績労働組合[1955年]) 近江絹糸労働組合は人権争議終了の翌年、1955年6月、組合結成1周年記念文集の出版を計画し、作品を募集したが、応募者は限られ原稿が集まらなかった。その後、各支部の教文部の代…

所蔵資料紹介~辻󠄀保治資料(近江絹糸紡績労働組合関係資料)

連載第4回 詩集『暗いなかに笑顔が』(彦根の詩サークル『熔岩詩人集団』) 写真は、『暗いなかに笑顔が』(熔岩詩人集団,1955.12.20)の表紙 表紙:中川壽一 『熔岩詩人集団』の発行資料として、辻資料の中には、同人誌『熔岩』以外の作品集も収められてい…

所蔵資料紹介~辻󠄀保治資料(近江絹糸紡績労働組合関係資料)

連載第3回 『熔岩』19号近江絹糸特集号ほか(彦根の詩サークル『熔岩詩人集団』) 写真は、『熔岩』19(熔岩詩人集団,1954.6.30)の表紙絵及び挿入版画 題字:江口 峻 表紙絵:中川壽一 『溶岩』19号(1954年6月30日)は,近江絹糸特集号である。『熔岩』同…

大阪社会運動物故者顕彰・追悼式と大阪社会運動顕彰碑除幕式

第51回大阪社会運動物故者顕彰・追悼式 2020年10月18日(日)、第51回大阪社会運動物故者顕彰・追悼式を挙行しました。今年の新顕彰者は19名、これまでの顕彰者と合わせて2020年10月現在1791名が顕彰されています。 第51回大阪社会運動物故者顕彰・追悼式 新…