2015-05-07から1日間の記事一覧

『体験者がつづる近江絹糸人権争議 自由と人権を求めて』

白石道夫編著(2015年3月/文理閣/117頁) 本書の編著者白石道夫氏は、1954年6月に15歳で近江絹糸彦根工場に集団就職した直後、日本の労働運動史上歴史的な近江絹糸人権争議(1954年6月106日間のストライキ)を体験している。 戦後民主主義の思想と行動が…