「働く人々の歴史展」開催中

 1920年に始まったメーデー、戦時中の中断を挟んで今年は第80回目を迎えます。これを記念して、エル・ライブラリーは大阪地方メーデー実行委員会との共催で、展示会を開いています。来週の水曜日(祝)には、熊沢誠氏(甲南大学名誉教授、労働経済学)による講演会「ワークシェアリングとは何か」も開催します。入場料、参加費ともに無料ですのでふるってご来場ください。

 
◆日時 4月24日(金)〜5月2日(土)10:00-17:00
◆場所 大阪府立労働センター(エル・おおさか)9階ギャラリー
      大阪府大阪市中央区北浜東3-14 地下鉄谷町線京阪線天満橋駅」下車西へ350メートル
◆展示内容
  世界と日本の労働運動120年の歩みを知る
 <第1展示> 
  働く人々の歴史 労働者生活の歴史をたどり、労働運動の歴史を知る
   展示品:・労働運動年表 ・メーデーや労働者の写真 ・ポスター・労働組合旗・記章等・昔の仕事道具・機械 ほか
   ビデオ上映:「立ち上がる女子労働者」(近江絹糸労働争議(1954年)の記録)
        「灯をともした人々」(神戸三菱川崎争議(1921年)の記録)
        「大阪メーデー60年」(日本放送労働組合1989年制作)などを期間中随時上映

 <第2展示>
  メーデー発祥の地シカゴ――アメリカ労働運動の歴史と現在
     ヘイマーケット事件の写真・資料展示
     イリノイ労働史協会との交流ビデオ上映
     全米一の労働図書館、ルーサー図書館の紹介コーナー

メーデー展示会のチラシはこちら
http://shaunkyo.jp/mayday.pdf

<<特別講演会「ワークシェアリングとは何か」>>
熊沢誠氏講演会「ワークシェアリングとは何か」
 4月29日(祝)午後1時30分〜4時
 大阪府立労働センター11階 連合大阪 大会議室 
 景気の悪いときだけ話題になる不況対策手段としてではなく、ワークシェアリングを通して、これからの社会・これからの生き方を考えていきます。

講演会のチラシはこちら
http://shaunkyo.jp/20090429flyer%20pink_space.pdf

大阪府立労働センター(エル・おおさか)へのアクセスはこちらをご覧下さい。
  http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
◆入場料および参加費 無料
◆お問合せ エル・ライブラリー
       電話06-6947-7722  e-mail: lib@shaunkyo.jp
       大阪市中央区北浜東3-14 大阪府立労働センター(エル・おおさか)4階