れいこちゃん記念文庫開設6周年

 本日、2019年6月6日は井上玲子ちゃんのセカンドバースデー(玲子ちゃが星になった日)です。そして、れいこちゃん記念文庫という小さなメモリアル・コーナーを開設してちょうど6年を迎えました。
 れいこちゃん記念文庫は、小児脳腫瘍のため2012年に11歳で亡くなったエル・ライブラリーのサポーター、れいこちゃんを悼み、難病とともに生きる子ども達と家族を支えるNPOの情報収集・発信を通じて、活動を支援するために当館が設置した文庫です。

 れいこちゃん記念文庫の詳細はこちら

 先日、6月2日(日)に井上さん宅で「れいこちゃんパーティ」が開かれ、館長谷合も訪問しました。下の写真は井上昌彦さん(玲子ちゃんのお父さん)のブログから許可を得て転載するものです。
 思い思いに集う人々が玲子ちゃんの思い出を語り、玲子ちゃんの妹きょうこちゃんの成長に目を細め、玲子ちゃんの同級生がもう大学生になっていることに驚き、お父さんの空手家ライブラリアンと一献傾けながらさまざまなことをおしゃべりしてきました。

f:id:l-library:20190606144025p:plain
 そして今日、玲子ちゃんのセカンド・バースデーを期して、チャイルド・ケモ・ハウスにカンパを送りました。

kemohouse.jp

 当館では、れいこちゃんの闘病を支えたNPOのうち、チャイルド・ケモハウスの募金箱をれいこちゃん記念文庫に設置しています。今日現在で865円が入っていました。これに当館のスタッフが2135円を足して、3000円を寄付として送金しました。
 ささやかな文庫活動ですが、これから続けていきますので、みなさまのご協力をお願いします。現在、「クリニクラウン」やNPO法人レット症候群支援機構、FOP(筋肉が骨になる難病)と闘う少年の手記『神様からの宿題』などの資料を設置しています。その他、新たな資料があればお寄せください。(下の写真は当館内のれいこちゃん記念文庫) 

f:id:l-library:20180531111853j:plain