エル・ライブラリーの活用事例を雑誌に掲載

 
 同志社大学グローバル・スタディーズ学会が発行する『Rondo = 論堂』の第2号(2018.12月)に当館の活用事例を掲載してもらいました。

 「人と人・資料をつなぐ場として」と題して館長谷合佳代子が書いたのは、資料を軸とする市民活動をつなぐ場所としてエル・ライブラリーが活用されているという事例です。

 ここにしかない貴重な資料を守り次世代に伝えるという大事な使命を全うするために、さまざまな人々の支援を受けてライブラリー運営を続けてきた10年間ですが、支援されるだけではなく、市民活動を支援するためにライブラリーを活動拠点としても開放しています。

f:id:l-library:20190109143531p:plain

 今回その事例として紹介したのは「saveMLAK」(東日本震災復興支援ネットワーク)、「大阪空襲被災者運動資料研究会」、「フォーラム・労働・社会政策・ジェンダー」(愛称「竹中フォーラム」)、「〈思想と運動〉研究会」です。

 また、サポート会員になれば会員特典として「大人のためのラーニング・コモンズ」利用も可能であることを述べています。これは、ライブラリーを勉強会やプレゼン練習に貸し切り利用できる仕組みです。

 ところでこの『論堂(ロンド)』という雑誌は、実に多様な中身のある、素敵なものなのですが、まだほとんどの図書館で所蔵されておらず、人知れず発行されている模様です。これを機会に多くの人に手に取ってお読みいただきたいものです。今号の目次を一部ご紹介します。

・講演録 ビビール・ビエン「開発主義に対するボリビアからの問いかけ」

・ImprovisAsians/Clossings  by Francis Wong

・日々の実践に向き合い、明日を変えていくこと:自閉症教育の場における共同の勉強会を通して見えてきたもの  竹内理恵

・騙し騙されのドタバタ喜劇:三反園訓鹿児島県知事誕生の忘備録  向原祥隆

・出町座から考える  手嶋彩世子

・コモンズ大学の精神  高橋淳敏

 

新着雑誌です(2019.1.8)

今週の新着雑誌です。

新着雑誌のうち最新のものは貸出できません。閲覧のみです。

人事実務 No1192 2019.1.1 (201326386)

企業と人材 No1071 2019.1.5 (201326410)

労働経済判例速報 2361号 2018.12.10 (201326535)

労働法学研究会報 No2684 2019.1.1 (201326444)

労働法律旬報 1926号 2018.12.25 (201326501)

労働情報 No976 2018.12.1 (201326436)

地域と労働運動 220 2018.12.55 (201326345)

 

詳細な目次はこちら

続きを読む

「共同通信47NEWS」に当館の記事が掲載されました

 12月21日に共同通信社の佐々木央編集委員が、当館の10周年を記事にしてくださいました。この記事は地方紙に掲載されずネット配信のみでしたが、おかげさまで反響を呼び、ツイッターでも多くの(数は不明(;^ω^))シェアをいただき、本日もわざわざカンパを届けに来てくださった方もいらっしゃいます。

 記事も写真も佐々木央さんによります。実物よりかっこよく撮って書いていただき、ただ感謝。谷合の言葉の引用で締められています。

「私たちの使命は有名・無名の人々の記録を残すことです。記録というのは一次資料、ここにしかないものです。そうした記録は『残す』という強い意志がなければ決して残らない。誰かが必ず残すと決意してシステムを作らないと、ほっといたら必ずなくなります。私たちはそうした記録を残し続ける決意で仕事を続けていきます。集めてきた大阪の社会運動のすべての記録、アーカイブズを未来に伝えていきたい」 

this.kiji.is

今週の新着雑誌です(2018.12.25)

今週の新着雑誌です。

新着雑誌のうち最新のものは貸出できません。閲覧のみです。

賃金事情 No2775 2018.12.20 (201326394)

労政時報 3964号 2018.12.28 (201326337)

労働法学研究会報 No2682 2018.12.1 (201326295)

賃金と社会保障 1718号 2018.11.25 (201326329)

労働基準広報 No1980 2018.12.21 (201326360)

月刊人事労務 358号 2018.11.25 (201326428)

地域と労働運動 219号 2018.11.25 (201326451)

労働法令通信 No2505 2018.12.8 (201326485)

 

詳細な目次はこちら

続きを読む

新着図書速報

到着ほやほやの新刊書をご紹介します。

f:id:l-library:20181226151733p:plain

『過労死・過労自殺の現代史:働きすぎに斃れる人たち』熊沢誠著、岩波書店、2018.12(岩波文庫;学術396)
 →ご存知、著者の入魂作(2010年)の文庫化。文庫版あとがき12頁が追加されている。

『〈自律的〉労働を問う:労働者統制の現在と「働き方改革」の論点』日本労働社会学会、2018.10
 →労働社会学会の年報。ホワイトカラー、派遣労働、など特集は4論文。

『情報公開賛歌』知る権利ネットワーク関西編、花伝社、2018.12
 →政治家や官僚のウソを暴いた市民活動の記録。

『諸手当管理の教科書』労務行政研究所編、労務行政、2018.3

 →諸手当の見直しが進む昨今、諸手当の実態を明らかにすると同時に法的問題の留意点や諸手当統廃合に取り組む際のポイントをまとめたもの。

『帝国ホテル労働組合70年のあゆみ』奥井禮喜執筆・監修、帝国ホテル労働組合、2018.11

 →帝国ホテル労組の70年史はこれで3冊目。すでに資料編が2016年に発行され、またミネルヴァ書房からも『帝国ホテルに働くということ』が上梓されている。今回は満を持して組合活動の記録に多くの紙幅を割き、そして組合員たちの思いを描く内容となった。 

 ※サポート会員様はすべてお借りいただけます。

新着雑誌です(2018.12.21)

今週の新着雑誌です。

新着雑誌のうち最新のものは貸出できません。閲覧のみです。

労務事情 No1375 2018.12.15 (201326311)

労働判例 No1188 二018.12.15 (201326113)

労働法学研究会報 No2683 2018.12.15 (201326147)

旬刊福利厚生 2261号 2018.12.11 (201326170)

季刊労働法 263号 2018.12.15 (201326204)

労働法律旬報 1925号 2018.12.10 (201326238)

労働法令通信 No2506 2018.12.18 (201326261)

 

詳細な目次はこちら

続きを読む

図書館システムのワークショップを無料開催します

 Next-L Enjuオープンソースの図書館システムです。図書館員の手に図書館システムを取り戻そうをモットーに、現場の図書館員の声を反映したシステム開発をしています。
 その一環として、「図書館システムに関心のある図書館員」や「共同開発に興味のある開発者」のためのワークショップを継続的に開催しています。広く図書館システムの利用に興味・関心のある方を参加対象としています。プログラミングができなくても、図書館システムの使い方、要求要件や運用方法について議論していただく方などの参加も歓迎します。逆に、図書館や図書館システムをあまり知らなくても、システムの開発に関わってみたい開発者も歓迎です。図書館で働いてなくても、今までのワークショップに一度も参加していなくても大丈夫です。ふるってご参加ください。(下の写真は開発者である実行委員一同)

f:id:l-library:20181220113816p:plain

主催: Project Next‐L
共催:エル・ライブラリー
協力: Code4Lib JAPAN
会場:エル・ライブラリー

地図:エル・ライブラリー - アクセス

参加費:無料
定員:15名
参加申込:エル・ライブラリーのメール lib@shaunkyo.jp まで

 当日の資料: (準備中)
Twitterハッシュタグ#nextl をお使いください

 

日時 2019年1月26日(土)
【プログラム】(仮)
10:00 受付開始
10:30 ~ 10:40 主旨説明「本ワークショップの開催にあたって」田辺浩介
10:40 ~ 10:50 自己紹介「参加者全員による自己紹介」
10:50 ~ 11:05 セッション1 「Enjuの機能および開発進捗状況の紹介」 田辺浩介
11:05 ~ 11:45 セッション2 「ブリーフィング」
  個々の参加者のニーズを聞いて午後のセッションの内容を
  決めます。
  例)図書館職員の方:Enjuのインストールとチュートリアル
  例)システム開発者の方:開発体制のチュートリアル
  例)常連:新規機能の開発、マニュアルの充実、issue議論&チェック
11:45 ~ 13:00 昼食休憩
13:00 ~ 14:30 セッション2 「実践(1)」 
14:30 ~ 15:00 休憩
15:00 ~ 16:30 セッション3 「実践(2)」 
16:30 ~ 17:00 休憩
17:00 ~ 17:30 セッション4 「ディスカッション&今日の成果発表」クロージング(次次回の日程と場所の決定)
17:45 ~ 懇親会(一般:4000円, 学生:2000 円)程度を予定
参加対象(図書館に詳しい方向け):
Enjuをインストールして使ってみたい方
・図書館システムの使い方、要求要件や運用について議論したい方
・プログラムができなくても大歓迎
参加対象(開発者向け):
Enju を開発/カスタマイズしてみたい方
・プログラミングの能力がある人(Rubyでなくても問題ありません)
・Web システムの仕組みがおおよそわかっている人
Ruby, Ruby on Rails を自力習得する気概のある人
・図書館のことがわからなくても大歓迎
これまで、図書館システムエンジニアはもちろんですが、図書館情報学を学ぶ大学生、FRBRに興味のある院生、図書館職員、プログラマ(図書館とは無関係)、システムエンジニア(図書館とは無関係)などさまざまな方が参加されております。
持参するもの:
無線LAN対応のPC(持ってこられない方は事前にご相談ください)
・(あれば)バーコードリーダー(なくても大丈夫ですがあると楽しいですよ)
参考:
今までの開発ワークショップの記録:http://www.next-l.jp/?page=DevelopmentWorkshop
Next‐L Enju デモサーバー: http://enju.next-l.jp/
ソースコードダウンロード: https://github.com/next-l/enju_leaf
お問い合わせ先:info@next-l.jp
実行委員会:
委員長 田辺浩介
委員 江草由佳、高久雅生、原田隆史