読売新聞朝刊にエル・ライブラリーの記事が載りました

 本日23日(金)、『読売新聞』大阪版朝刊「くらし・家庭」欄の”取材メモから”に、島香奈恵記者のコラムが掲載されています。「貴重な労働資料 後世に」と、エル・ライブラリーへの公的支援の必要性を訴えるものです。
蟹工船が80年の時を経て多くの心をつかんだように、資料の価値を決めるのは後生」と結ばれています。

 島記者が書いておられるように、貴重な資料の保存・利用のためにはサポート会員からの寄付だけではなく、公的な支援が不可欠です。エル・ライブラリーを運営する(財)大阪社会運動協会は大阪府大阪市への補助金復活を要請し続けます。