公開セミナー「大阪社会労働運動史におけるトランスパシフィック・サンディカリスムの伝統」

 当館館長谷合が司会を務める公開セミナーをご紹介します。主催は関西大学です。平日午前中のセミナーですが、お勤めの方は休みをとってぜひご参加ください。

 20世紀初頭、ヨーロッパやアメリカなど世界各地で高揚したサンディカリズム(組合主義、協同主義)運動は、国境を越えて労働者たちが結びあい、「搾取も貧困もないユートピア」を目指しました。
 今回の講演では、国民国家の枠組み内での分析を超えて、大阪とアメリカの労働者の繋がりを明らかにし、大阪の労働者たちの自由かつ大きな夢と希望を過去から未来に向けて照射します。
 明治、大正、昭和と激動の時代を生きたサンディカリストたちの歩みを跡付け、大阪の社会運動の伝統を振り返り現在への教訓を引き出す本セミナーに、ぜひご参加ください。

 質疑応答の時間もとります。お気軽にどうぞ!

  • 日時:11月17日(月)10:30〜12:00
  • 場所:関西大学千里山キャンパス児島惟謙館2階第2会議室
  • アクセス:http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/access.html
  • 報告者:篠田 徹 (早稲田大学社会科学総合学術院 教授)
  • テーマ:「大阪社会労働運動史におけるトランスパシフィック・サンディカリスムの伝統」
  • 司会:谷合 佳代子(大阪の社会労働運動と政経済研究班 委嘱研究員 大阪産業労働資料館館長)
  • 参加費:無料

●問合せ先 関西大学研究所事務グループ
〒564-8680 吹田市山手町3-3-35
TEL:06-6368-1179/ FAX:06-6339-7721
E-mail:keiseiken@ml.kandai.jp
主催:関西大学経済・政治研究所