映画「金子文子と朴烈(パクヨル)」連携ミニ展示

 2月16日(土)全国公開される韓国映画金子文子と朴烈(パクヨル)」の公開を記念して、エル・ライブラリーでは関係資料のミニ展示を行っています。 

f:id:l-library:20190215164354j:plain

 この映画は、大正時代のアナキスト夫妻の激烈な生と死を破天荒に明るく、そして力強く描く作品です。特に日本人アナキスト金子文子を演じた韓国人女優チェ・ヒソさんの演技が素晴らしく、見終わった後、とても勇気づけられます。

 この映画の感想は館長・谷合佳代子が個人ブログに書いていますので、ご笑覧ください。

ginyu.hatenablog.com

 展示中の図書は以下の通りです。

金子文子 朴烈裁判記録 / 再審準備会編 黒色戦線社 , 1991  
・何が私をかうさせたか  / [金子文子著]; 大島英三郎編 黒色戦線社 , 1972 

・朴烈  / 金一勉著 合同出版 , 1973

・日本アナキズム運動史 / 小松隆二著 青木書店 , 1972 
・私の見た日本アナキズム運動史 / 近藤憲二[著] 麦社 , 1969 

・日本無政府主義運動史 第一編 改訂増補版 /  黒色戦線社 , 1982  

高木伸夫「僕たちの失敗 神戸のアナキスト集団・ロンダ組の行動と挫折」『歴史と神戸』57巻3号(2018.6) ※2019.2.23に展示品に追加

 

 映画「菊とギロチン」の展示のときにも書いたように、エル・ライブラリーは無政府主義アナキズム)関係の一次資料やレアもの資料を豊富に所蔵しています。それらのうち、日記・手書きノート・書簡等のアーカイブズ(文書記録)については現在、研究者のボランティアによって整理が進められています。目録完成までまだ1年以上かかる見込みですが、公開可能になり次第、このブログでも紹介していきます。

 2月23日に、高木伸夫氏の論文を追加しました。こちらは金子文子たちのことではなく、同じ時代の神戸のアナキストたちの活動を記したものです。当館の資料も活用して書かれた論文です。大正時代の雰囲気がつかめる内容なので、今回の展示品に追加しました。(谷合)

 映画の公式サイトはこちら。

www.fumiko-yeol.com