エル・ライブラリー(大阪産業労働資料館)

休館日カレンダーや利用案内、地図は公式サイトをご覧ください。

晴野まゆみさん講演会 日本初セクハラ裁判から30年

 今年の1月に、NHKテレビ「逆転人生」で、福岡に住む一人の女性が取り上げられました。晴野まゆみさん。今から30年前、日本で初めてのセクシャル・ハラスメント裁判を闘った原告です。晴野さんは3度目の転職で入社できた出版社で、上司から執拗なセクハラを受けた挙句、解雇されてしまったのです。そこで89年に裁判を起こし、92年に全面勝訴されました。

 このたび、晴野さんを福岡からお招きし、裁判のこと、当時と今とで何が変わり、何がまだ変わらないのか、30年を振り返って思いのたけをお話しいただきます。

日時:2022年10月25日(火)18:30~20:30(18時開場)
会場:エル・おおさか(大阪府立労働センター)606号室

アクセス | エル・おおさか

参加費:1000円(資料代込み)
申込:https://shaunkyo.jp/contact/
   お名前とメールアドレスを記載のうえ、本文に「晴野さん講演会申し込み」とお書きください。
定員:70人

共催:晴野まゆみさん講演会実行委員会、エル・ライブラリー

講師プロフィール

株式会社チームふらっと 代表取締役社長 東京都出身

1980年3月 西南学院大学文学部外国語学科英語専攻卒業
1988年5月 性的嫌がらせを受けていた勤務先の出版社から解雇される。フリーライターとして独立する。
1989年8月 元勤務先の編集長と会社を性的嫌がらせと性差別による不当解雇で福岡地裁に提訴。日本初のセクシュアルハラスメント裁判として注目を浴びる。被害者のプライバシー保護の観点から裁判中は「原告A子」を通す。
1992年4月 上記裁判で全面勝訴判決下る。後の「改正男女雇用機会均等法」の「セクハラ防止」規定へとつながる。
1996年3月 実名公表に踏み切り、マスコミ取材を本名で受けるようになる。
2001年8月 裁判手記「さらば、原告A子」を海鳥社より発行。
2021年10月  母校西南学院大学女子同窓会「ゆりの会」より「SEINAN Woman of the Year2021」に選定される。 現在は九州の道の駅や観光情報の媒体制作を主にした編集プロダクション「株式会社チームふらっと」を経営。