企画展:「1968年」無数の問いの噴出の時代

エル・ライブラリーが特別協力している、国立歴史民俗博物館(歴博)の企画展をご紹介します。 以下、歴博のWebサイトより転載します。 大学闘争、三里塚、べ平連・・・1960年代を語る資料を約500点展示約50年後の今、「1968年」の多様な社会運動の意味を改…

漱石の個人主義 ~ 自我、女、朝鮮

関口すみ子(海鳴社/2017/四六判310頁) 著者は、元法政大学法学部教授で、思想史、ジェンダー史が専門。 著書も、『御一新とジェンダー』(東京大学出版会/2005年)、『管野スガ再考』(白澤社/2014年)、『近代日本 公娼制の政治過程』(白澤社/2016…

新着雑誌です(2017.9.19)

今週の新着雑誌です。 新着雑誌のうち最新のものは貸出できません。 労政時報 3936号 2017.9.8 (201298163) ビジネスガイド No844 2017.10.10 (201298171) 人事実務 No1176 2017.9.1 (201298023) 労働経済判例速報 2317号 2017.8.30 (201298056) 労…

新着雑誌です(2017.9.7)

今週の新着雑誌です。 新着雑誌のうち、最新号は貸出できません。 企業と人材 No1055 2017.9.5 (201298130) 労務事情 No1346 2017.9.1 (201297850) 賃金事情 No2746 2017.9.5 (201298221) 月刊人事マネジメント 321号 2017.9.5 (201298197) 労働基準…

『岐路から未来へ』

(共同通信社 編/2015年8月31日 柘植書房新社 発行/四六判270頁) 本書は、2014年の1年間、週1回で計50回配信された同名の連載を1冊の本にまとめたものだ。「まえがき」では以下のように記されている。東日本大震災について「もし、人知を超える自然…

新着雑誌です(2017.8.24)

今週の新着雑誌です。 新着雑誌のうち、最新号は貸出できません。 賃金事情 No2745 2017.8.5・20 (201297876) ビジネスガイド No843 2017.9.10 (201297843) 労働経済判例速報 2316号 2017.8.20 (201297819) 労働判例 No1158 2017.8.1・15 (201297900…

「炭鉱の記憶と関西」展の収支と寄付者一覧

5月5日から始まり、6月30日に終わった巡回展「炭鉱の記憶と関西 三池炭鉱閉山20年展」については、たびたびこのブログで取り上げてきました。 今回は、エル・おおさか会場で開催した展示会とそのプレイベントについて、収支報告を行います。合わせて、寄付者…

新着雑誌です(2017.8.16)

今週の新着雑誌です。 新着雑誌のうち、最新号は貸出できません。 労務事情 No1345 2017.8.1・15 (201297892) 企業と人材 No1054 2017.8.5 (201099041) 人事実務 No1175 2017.8.1 (201099058) 労働経済判例速報 2315号 2017.8.10 (201297926) 労働判…

『女工哀史』と猪名川 ― 名著は兵庫県で書かれた(番外編)

写真は細井和喜蔵の紀念碑です(2017年6月23日筆者撮影)。 京都府与謝野町加悦、丹後ちりめんで知られた町、細井和喜蔵の生家の近く、道路から石段を20段ほど登った高台の広場、鬼子母神の社に隣り合って建てられています。 背面には 明治三十年((一八九…

新着雑誌です(2017.8.10)

今週の新着雑誌です。 新着雑誌のうち、最新号は貸出できません。 労政時報 3935号 2017.8.11・25 (201099033) 人事マネジメント 320号 2017.8.5 (201297736) 労働経済判例速報 2314号 2017.7.30 (201297645) 労働法学研究会報 No2649 2017.7.15 (201…

朝日カルチャーセンターの講座を開きます

エル・ライブラリーと朝日カルチャーセンターくずは教室との提携で、当館において講座を開催いたします。書庫見学もついてます。 主催は朝日カルチャーセンターさんなので、申し込みは下記サイトからおねがいします。 テーマ:百年前の労働争議嘆願書に学ぶ…

今週の新着雑誌(2017.7.28)

今週の新着雑誌です。 新着雑誌のうち、最新のものは貸出できません。 賃金事情 No2744 2017.7.20 (201112240) 労政時報 3934号 2017.7.28 (201112125) ビジネスガイド No842 2017.8.10 (201112182) 労働経済判例速報 2313号 2017.7.20 (201112208) …

『労働史からみた同一労働差別賃金―その変遷と問題点』

柳田勘次著(兵庫県労働史研究会/2017年4月/A5判130頁) 著者は1931年生まれで、労働運動現役時代の1960年代から70年代には、総評全国金属兵庫地本書記長ならびに委員長を務めながら、多くの研究論文や著書を著しており、その問題意識の鮮明さが伝わる書で…

古本・バザー用品寄贈のお願い

毎日暑い日が続いています。が、エル・ライブラリーのスタッフは昼過ぎからは長袖を着ています。冷房が効きすぎて寒いのです‥‥(温度を調整できないのです)。 さて、この酷暑に寒いなどという贅沢なエル・ライブラリーの閲覧室では毎日古本市・バザーを開催…

最近登録した労働・労務の実務書など

2017年1月から7月19日までに登録した図書792冊のうち、2014年以降に発行された労働・労務の実務書を110件掲載します。 著者名や出版年などの書誌詳細は、下記ページでお調べください。 l-library.tosho-rashinban.jp 書名 出版者 社員による企業ボランティア…

新着雑誌です(2017.7.18)

今週の新着雑誌です。 新着雑誌の最新号は貸出できません。 労務事情 No1344 2017.7.15 (201112174) 労政時報 3933号 2017.7.14 (201292687) 賃金事情 No2743 2017.7.5 (201292711) 人事実務 No1174 2017.7.1 (201292653) 賃金事情 No2743 2017.7.5 …

「炭鉱の記憶と関西 三池炭鉱閉山20年展」関西大学博物館 終了!

「炭鉱の記憶と関西 三池炭鉱閉山20年展」2017年度関西大学博物館夏季企画展(2017.6.6-2017.6.30)が無事終了しました。 来場者は1251名、関西以外からも多数ご来場いただいたようです。 ご来場いただいた方々、展示に際しご協力いただいた方々、各機関に…

『女工哀史』と猪名川 ― 名著は兵庫県で書かれた(4)(最終回)

少し間が空いてしまいましたが、いよいよ連載最終回です。 『女工哀史』の中では、猪名川染織所の話は少なくありません。ちょっと引用してみましょう。大正一二年(一九二三)一〇月兵庫県で行われた「労働調査」の実態を暴露したものです。 大正十二年十月…

新着雑誌です(2017.7.7)

今週の新着雑誌です。 新着雑誌のうち、最新のものは貸出できません。 労務事情 No1343 2017.7.1 (201294592) 労働経済判例速報 2310号 2017.6.20 (201294626) 労働経済判例速報 2311号 2017.6.30 (201294568) 労働基準広報 No1928 2017.7.1 (2012944…

『生産性向上の理論と実践』

(梶浦昭友 編著/2016年3月30日/A5版 本文224頁) 当館の理事長・山﨑弦一も筆者のひとり。 本書は、関西学院大学産業研究所が日本生産性本部からの委託研究「生産性向上と雇用問題」(2009~2010年)を受けた後、共同研究「生産性の現代的意義」(2012…

新着雑誌です(2017.6.29)

今週の新着雑誌です。 新着雑誌のうち最新号は閲覧のみです。貸出できません。 労政時報 3932号 2017.6.23 (201294378) 労務事情 No1342 2017.6.15 (201292505) 賃金事情 No2742 2017.6.20 (201294360) 労働判例 No1155 2017.6.15 (201294394) 労働…

「炭鉱の記憶と関西」展の関係者が語る

ただいま関西大学博物館で巡回展開催中の「炭鉱の記憶と関西」展関連情報です。 本展の企画を担い、コレクションの中心となった前川さんのインタビュー記事が「西日本新聞」に掲載されました。↓ 連載第2回は同じく本展の実行委員、上田茂さんのインタビュー…

新着雑誌です(2017.6.16)

今週の新着雑誌です。 新着雑誌のうち、最新のものは貸出できません。 企業と人材 No1052 2017.6.5 (201292208) 月刊人事マネジメント 318号 2017.6.5 (201292232) ビジネスガイド No840 2017.7.10 (201292067) 労働法学研究会報 No2644 2017.5.1 (20…

シンポジウム「炭鉱の記憶と関西をつなぐもの-多様な声を時空に刻む-」を開催しました

シンポジウム「炭鉱の記憶と関西をつなぐもの-多様な声を時空に刻む-」を開催しました。 2017年6月11日(日)13:00~15:00会場:関西大学児嶋惟謙館http://shaunkyo.jp/events/51/%E7%82%AD%E9%89%B1%E3%81%AE%E8%A8%98%E6%86%B6%E3%81%A8%E9%96%A2%E8%A…

「炭鉱の記憶と関西」展、報道さる

6月6日から30日まで関西大学博物館へ巡回中の「炭鉱の記憶と関西 三池炭鉱閉山20年展」について、労働専門雑誌と、三池炭鉱地元の西日本新聞筑後版で取り上げていただきました。 下の写真は6月9日付の「西日本新聞」筑後版です。この後も引き続き、文化面な…

新着雑誌です(2017.6.8)

今週の新着雑誌です。 新着雑誌のうち、最新号は閲覧のみ可能です。 労政時報 No3931 2017.6.9 (201292224) 労務事情 No1341 2017.6.1 (201291911) 賃金事情 No2741 2017.6.5 (201292059) 人事実務 No1173 2017.6.1 (201292166) 労働判例 No1153 201…

シンポジウム「炭鉱の記憶と関西をつなぐもの」

関西大学博物館へ巡回中の「炭鉱の記憶と関西 三池炭鉱閉山20年展」の関連イベントをご案内します。無料開催、どなたでもご参加できますのでぜひご来場ください。 なお、博物館の開館時間は10時~16時です。 日時:2017年6月11日(日) 13:00~15:00 場所…

炭鉱の記憶と関西 三池炭鉱閉山20年展 in 関西大学博物館

「炭鉱の記憶と関西 三池炭鉱閉山20年展」が関西大学博物館に会場を移していよいよ明日から開会します。ご来場おまちしております。 会期:2017年6月6日(火)~6月30日(金)10時~16時 日曜・祝日休館 6月11日は特別開館日 会場:関西大学博物館特別展示室…

新着雑誌です(2017.5.25)

今週の新着雑誌です。 新着雑誌のうち、最新号は貸出はできません。 労政時報 3930号 2017.5.12・26 (201294246) ビジネスガイド No839 2017.6.10 (201294337) 賃金事情 No2740 2017.5.20 (201294188) 労務事情 No1340 2017.5.15 (201294329) 人事実…

初級講座『大阪社会労働運動史』開講中

4月23日に開講式を迎えた初級講座は、5月21日(日)から本格的な講義が始まりました。こちらは、「社会運動史入門講座」を年間に7回行う、というものです。合間には史跡巡りなども組み込んで、楽しく学ぶという趣旨で行います。今年度の受講生は募集を終えま…